電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-28 13:15
[ポスター講演]差分スペクトル補正に基づく歌声声質変換のためのF0変換の評価
小林和弘奈良先端大)・戸田智基名大/奈良先端大)・中村 哲奈良先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,入力歌手の声質を目標歌手の声質へと変換する統計的手法に基づく歌声声質変換(SVC: Singing Voice Converesion)において,差分スペクトル補正に基づく異性間のSVCを提案する.SVCは,入力歌手と目標歌手の音響特徴量の対応関係をモデル化する事で,入力歌手から目標歌手への声質変換を実現する.変換された音響特徴量から変換歌声を生成する際に,ボコーダが用いられるが,音源生成処理における分析・合成誤差などにより,変換歌声の自然性は自然歌声に比べて著しく劣化する傾向がある.これに対し,同性間の歌声変換処理においては,多くの場合音高変換を必要としない点に着目し,入力歌声の音源波形を直接用いて変換歌声を生成する差分スペクトル補正に基づくSVC(差分SVC) を提案し,自然性を改善できることを示した.本報告では,音高変換を必要とする異性間の歌声変換に対しても差分SVCを適用するために,残差波形の加工処理に基づく音源波形のF0変換を導入する.評価実験より,提案法は,異性間のSVCにおいて,ボコーダーを用いる従来のSVCと比較し, 同等の個人性変換精度を保ちつつ自然性を改善できる事を示す. 
(英) In this report, we propose a technique for cross-gender statistical singing voice conversion (SVC) with direct waveform modification based on spectrum differential (DIFFSVC). SVC makes it possible to convert voice timbre of a source singer into that of a target singer based on a statistical conversion function of acoustic features between these two singers. A traditional SVC framework usually degrades speech quality of the converted singing voice compared to that of a natural singing voice due to waveform generation with vocoder, which causes various errors. To address this issue, the DIFFSVC technique has been proposed as a high quality SVC framework for within-gender conversion by directly using an excitation signal of the input natural singing voice. To make it possible to also apply this SVC framework to cross-gender conversion, in this report, we apply F0 transformation of the excitation signal based on direct waveform modification to DIFFSVC. The experimental results demonstrate that the proposed cross-gender DIFFSVC framework significantly improves speech quality while while preserving the conversion accuracy of singer identity compared to the conventional SVC.
キーワード (和) 歌声声質変換 / 異性間変換 / 波形補正 / 差分スペクトル / F0変換 / / /  
(英) statistical singing voice conversion / cross-gender conversion / direct waveform modification / spectral differential / F0 transformation. / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 523, SP2015-112, pp. 105-110, 2016年3月.
資料番号 SP2015-112 
発行日 2016-03-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SP SIP  
開催期間 2016-03-28 - 2016-03-29 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 応用/電気音響,音声,信号処理,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Speech, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2016-03-EA-SP-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 差分スペクトル補正に基づく歌声声質変換のためのF0変換の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An evaluation of F0 transformation for statistical singing voice conversion based on spectral differential filtering 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歌声声質変換 / statistical singing voice conversion  
キーワード(2)(和/英) 異性間変換 / cross-gender conversion  
キーワード(3)(和/英) 波形補正 / direct waveform modification  
キーワード(4)(和/英) 差分スペクトル / spectral differential  
キーワード(5)(和/英) F0変換 / F0 transformation.  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 和弘 / Kazuhiro Kobayashi / コバヤシ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 智基 / Tomoki Toda / トダ トモキ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学/奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 名大/奈良先端大)
Nagoya University/Nara Institute of Science and Technology (略称: Nagoya Univ./NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 哲 / Satoshi Nakamura / ナカムラ サトシ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-28 13:15:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-EA2015-84,IEICE-SIP2015-133,IEICE-SP2015-112 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.521(EA), no.522(SIP), no.523(SP) 
ページ範囲 pp.105-110 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2016-03-21,IEICE-SIP-2016-03-21,IEICE-SP-2016-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会