電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-28 13:15
[ポスター講演]FPGAを用いたフィードフォワードANCシステムに関する検討
原田拓実梶川嘉延関西大)・西村正治鳥取大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) フィードフォワードANC システムは騒音を参照マイクロホンにより収音することで,広帯域騒音などのさまざまな騒音の低減が可能である.しかし,騒音源が複数存在し,さまざまな方向から騒音が到来する場合,各マイクロホンで取得される信号の相関が保たれず,騒音低減が困難となる.この場合,マイクロホン間距離を限りなく近づけることで解決できるが,一般的にANC システムに用いられる汎用DSP では処理速度に限界があり,因果性問題が起こる.この問題の改善法として,高速演算が可能なFPGA を用いたフィードフォワードANC システムが提案されている.そこで本稿では,このシステムによりヘッドマウント型ANC システムを構築し,実システムにより有効性の検討を行う. 
(英) Feedforward active noise control (ANC) system can reduce various noise such as the broad-band noise by getting the noise at the reference microphone. However, it is difficult to reduce noise arriving from various directions because the correlation between reference and error microphones becomes weak. To solve this problem, the distance between reference and error microphones should be shortened, but the causality constraint must be overcome. In the general DSP systems, the causality constraint may not be able to be overcome because of the limitation of the computation time. Hence, the feedforward ANC system using FPGA has been proposed in order to improve the computation time. In this paper, we apply the FPGA realization to a head-mounted ANC system with feedforward structure and demonstrate the effectiveness of the developed ANC system through some experiment results.
キーワード (和) ANCシステム / FPGA / フィードフォワード型制御 / 因果性問題 / / / /  
(英) ANC system / FPGA / feedforward control / causality constraint / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 522, SIP2015-144, pp. 171-174, 2016年3月.
資料番号 SIP2015-144 
発行日 2016-03-21 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA SP SIP  
開催期間 2016-03-28 - 2016-03-29 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza 
開催地(英) Beppu International Convention Center B-ConPlaza 
テーマ(和) 応用/電気音響,音声,信号処理,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Speech, Signal Processing, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2016-03-EA-SP-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FPGAを用いたフィードフォワードANCシステムに関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Feedforward ANC System Using FPGA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ANCシステム / ANC system  
キーワード(2)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(3)(和/英) フィードフォワード型制御 / feedforward control  
キーワード(4)(和/英) 因果性問題 / causality constraint  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 拓実 / Takumi Harada / ハラダ タクミ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶川 嘉延 / Yoshinobu Kajikawa / カジカワ ヨシノブ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 正治 / Masaharu Nishimura / ニシムラ マサハル
第3著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-28 13:15:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2015-95,IEICE-SIP2015-144,IEICE-SP2015-123 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.521(EA), no.522(SIP), no.523(SP) 
ページ範囲 pp.171-174 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EA-2016-03-21,IEICE-SIP-2016-03-21,IEICE-SP-2016-03-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会