電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-25 09:30
高性能計算システムのためのApproximate Computingネットワーク
鯉渕道紘NII)・藤木大地慶大)・石井紀代産総研)・藤原一毅NII)・松谷宏紀天野英晴慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) センサー観測データやソーシャルデータ処理に代表されるビッグデータ計算は,物理法則などの理論に基づく厳密さが要求される計算と比べて,コンピュータとネットワークが保証する精度を大幅に緩和(誤差を大きく)しても結果の大勢に影響しないことが期待できる.
本研究ではデータセンター,スーパーコンピュータにおいてこれらのアプリケーションを対象にして,ある程度の誤りを含む通信を許容することにより高バンド幅低遅延を達成する Approximate Computing ネットワークを提案,評価する.
Approximate Computing ネットワークでは,(1) 多値変調により,光リンクのバンド幅を10倍向上させ,
(2) Forward Error Correction (FEC)によるエラー検出訂正を行わないことで1ホップあたりの転送遅延を現状維持し,
(3) アプリケーションの転送データ構造に基づくシンボルマッピングにより,ビットエラーが発生した場合の転送データの数値誤差を抑制する.
さらに,数値誤差が許容されない従来のデータ転送についても,このシンボルマッピングを工夫することで,サポート可能である.
Approximate Computing ネットワークを用いることで,CG,FTについては各々15,39%の実行時間の向上と解の収束,K-means クラスタリングにおいては44%の実行時間の向上と0.002%の誤差を達成した. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 相互結合網 / Approximate Computing / 光通信技術 / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 518, CPSY2015-147, pp. 157-162, 2016年3月.
資料番号 CPSY2015-147 
発行日 2016-03-17 (CPSY, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 CPSY DC IPSJ-SLDM IPSJ-EMB IPSJ-ARC  
開催期間 2016-03-24 - 2016-03-25 
開催地(和) 福江文化会館・勤労福祉センター 
開催地(英) Fukue Bunka Hall/Rodou Fukushi Center 
テーマ(和) 組込み技術とネットワークに関するワークショップ ETNET2016 
テーマ(英) ETNET2016 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2016-03-CPSY-DC-SLDM-EMB-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高性能計算システムのためのApproximate Computingネットワーク 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Blah Blah Blah 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 相互結合網 /  
キーワード(2)(和/英) Approximate Computing /  
キーワード(3)(和/英) 光通信技術 /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鯉渕 道紘 / Michihiro Koibuchi / コイブチ ミチヒロ
第1著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤木 大地 / Daichi Fujiki / フジキ ダイチ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio Univeristy (略称: Keio U)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 紀代 / Kiyo Ishii / イシイ キヨ
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 一毅 / Ikki Fujiwara / フジワラ イッキ
第4著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松谷 宏紀 / Hiroki Matsutani / マツタニ ヒロキ
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio Univeristy (略称: Keio U)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 天野 英晴 / Hideharu Amano /
第6著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio Univeristy (略称: Keio U)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-25 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-CPSY2015-147,IEICE-DC2015-101 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.518(CPSY), no.519(DC) 
ページ範囲 pp.157-162 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2016-03-17,IEICE-DC-2016-03-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会