お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-24 11:00
HTML要素の相対位置と文字認識結果の比較に基づくWebコンテンツ表示のブラウザ間非互換性検出
田中 宏藤井勇作瀬川英吾富士通研BioX2015-46 PRMU2015-169
抄録 (和) Webページを異なるブラウザで表示した時の表示内容の相違箇所を自動検出して分かりやすく表示する手法を提案する.Webページはサーバから送られたHTML文書をブラウザが解析し,HTML要素(HTMLを構成する要素であるタグ領域)の集合で構成されたDOM(Document Object Model)構造に変換して表示される.しかしブラウザによってHTML解析エンジンや画面表示機構が異なるため,解析結果のDOM構造や画面表示の相違が発生することがある.我々は,ブラウザによってHTMLの解析結果が異なる場合でも,ブラウザ間で同一のHTML要素を対応付ける技術を開発し,対応付いたHTML要素ごとに文字化けや改行位置の相違を検出する機能と,HTML要素の位置関係の相違をグループ化して提示する機能を実現した.Webページ15種と4種類のブラウザを用いて精度評価を行い,表示文字の相違箇所の検出は再現率96%,適合率68%,HTML要素の位置関係の相違箇所の検出は再現率96%,適合率61%という結果を得た.また検出失敗の原因分析により今後の改善に向けた指針を得た. 
(英) This paper describes a method to detect cross-browser presentation incompatibilities. The proposed method firstly extracts the DOM structure of the target Web document by parsing HTML source code, the positions of each DOM elements and the captured display image of the Web page. This method compares the pages from two kinds of perspectives, relative position of the DOM elements and text contents. In the former perspective, our method detects the differences in relative position of each DOM elements and creates cliques of DOM elements whose relative positions are unchanged. Such cliques clearly show the user how the document layout was distorted. In the latter perspective, our method recognizes text images within each DOM element and compares them between each browser. It clearly depicts garbled characters. By evaluating the method by 15 URLs and four kinds of browsers, we have got 96% and 68% (recall and precision) for text comparison, and 96% and 61% for detecting layout incompatibilities. We think that the proposed method is useful enough because of the high recall rate. The evaluation results may indicate that the proposed method can be considered as useful for improving the efficiency of some of the cross-browser testing tasks.
キーワード (和) Web / ブラウザ / HTML / DOM構造 / クリーク / 相対位置 / 文字認識 /  
(英) Web / browser / HTML / DOM / clique / relative position / character recognition /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 517, PRMU2015-169, pp. 31-36, 2016年3月.
資料番号 PRMU2015-169 
発行日 2016-03-17 (BioX, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード BioX2015-46 PRMU2015-169

研究会情報
研究会 PRMU BioX  
開催期間 2016-03-24 - 2016-03-25 
開催地(和) 産業技術総合研究所 臨海副都心センター 別館 
開催地(英)  
テーマ(和) マルチモーダルな人物行動認識・認証・解析技術 及び 著作権・プライバシー保護 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2016-03-PRMU-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HTML要素の相対位置と文字認識結果の比較に基づくWebコンテンツ表示のブラウザ間非互換性検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Detection of Cross-Browser Presentation Incompatibilities based on the Comparisons of HTML Element Relationships and OCR Results 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Web / Web  
キーワード(2)(和/英) ブラウザ / browser  
キーワード(3)(和/英) HTML / HTML  
キーワード(4)(和/英) DOM構造 / DOM  
キーワード(5)(和/英) クリーク / clique  
キーワード(6)(和/英) 相対位置 / relative position  
キーワード(7)(和/英) 文字認識 / character recognition  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 宏 / Hiroshi Tanaka / タナカ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 勇作 / Yusaku Fujii / フジイ ユウサク
第2著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬川 英吾 / Eigo Segawa / セガワ エイゴ
第3著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-24 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-BioX2015-46,IEICE-PRMU2015-169 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.516(BioX), no.517(PRMU) 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-BioX-2016-03-17,IEICE-PRMU-2016-03-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会