お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-23 13:35
GPGPUによる刺激から神経活動までを再現するシミュレーションの高速化
藤田一寿津山高専/電通大)・阿部祐貴小野寺洸哉樫森与志喜電通大NC2015-84
抄録 (和) 神経ネットワークの処理メカニズムを理解するためには,刺激の特徴を理解した上で神経活動を解析する必要がある.しかし,刺激の様子を実験により詳しく知ることが出来る感覚系ばかりではない.本研究で取り扱う電気感覚の刺激は測定が難しく,実環境における実験では実際に受容器で受ける刺激の詳細は分からない.そこで,我々は計算機シミュレーションにより電気感覚における刺激の詳細を探ってきた.しかし,複雑な環境における刺激の計算は極めて計算時間が長く,現実的な時間では計算結果を得ることが難しかった.そのため,高速計算の技術が必要となった.そこで注目したのがGPGPUである.近年nVidia社のCUDAやOpen CLなどGPUを通常の計算に用いるGPGPUの環境が整い,様々な科学技術計算で使用されている.本研究では,GPGPUによる刺激の計算の高速化とそれを処理する神経活動のシミュレーションの高速化を目的とする.特に,本発表ではCPU向けおよびGPU向けに並列化されたプログラムを作成し,それらの計算時間の特徴の調査と比較を行った結果を報告する. 
(英) It is important to know details of a sensory stimulus for understanding a nervous system. However, it is difficult to measure a stimulus received by an organism in the real world. Here we used computer simulation to investigate details of a stimulus. However, to calculate a stimulus generated from complex situation, we waste much calculation time. The purpose of this study is to accelerate computer simulation of a sensory stimulus and neural activity. To address this issue, we applied GPGPU (General Purpose computing on Graphical Processing Unit). We achieved acceleration of computation of a stimulus and neural activity by GPGPU.
キーワード (和) GPGPU / 高速化 / 電気感覚 / シミュレーション / / / /  
(英) GPGPU / Acceleration / Electrosensory / Simulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 514, NC2015-84, pp. 83-88, 2016年3月.
資料番号 NC2015-84 
発行日 2016-03-15 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2015-84

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2016-03-22 - 2016-03-23 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa University 
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2016-03-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) GPGPUによる刺激から神経活動までを再現するシミュレーションの高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) GPGPU-accelerated simulation of a sensory stimulus and neural activity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GPGPU / GPGPU  
キーワード(2)(和/英) 高速化 / Acceleration  
キーワード(3)(和/英) 電気感覚 / Electrosensory  
キーワード(4)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 一寿 / Kazuhisa Fujita / フジタ カズヒサ
第1著者 所属(和/英) 津山工業高等専門学校/電気通信大学 (略称: 津山高専/電通大)
National Institute of Technology, Tsuyama College/ University of Electro-Communications (略称: INCT/ UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 祐貴 / Yuki Abe / アベ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野寺 洸哉 / Koya Onodera / オノデラ コウヤ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 樫森 与志喜 / Yoshiki Kashimori / カシモリ ヨシキ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-23 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2015-84 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.514 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2016-03-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会