お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-23 11:15
フリッカー値を用いた中枢性疲労の測定
福永 匠藤原直樹井上涼太田中章浩木下健太郎岸田 悟鳥取大NC2015-101
抄録 (和) 本研究で提案する疲労測定システムは,疲労生成部,データ収集部,データ処理部,評価部の4つのユニットで構成される.フリッカー値(F値)および相対的フリッカー値(ΔF値)に基づいたシステムにより,中枢性疲労と混合疲労を定量的に測定することができ,それらは,それぞれ修正クレペリンテストと日常の生活から生成された.これらの結果は,修正クレペリンテストによって生成された中枢性疲労はF値やΔF値によって検出されることや,負荷量が増加するとともにΔF値は,約2Hzまで線形に増加し,その後,飽和することがわかった. 
(英) We suggest measurement system for fatigue, which consists of four units, namely units of fatigue generation, data collection, data processing and estimation. By the use of the system based on the flicker-value(F-value) or the relative flicker-value(ΔF-value), we were able to measure mental and mixed fatigues in quantity, which were produced by modified Kraepelin tests and daily-life, respectively. From the results, we found that the mental fatigue due to the modified Kraepelin test was detected by F-values and ΔF-values, and that the ΔF-values linearly increased with the load of the mental fatigue and then were saturated at about 2Hz.
キーワード (和) 中枢性疲労 / フリッカー値 / クレペリンテスト / / / / /  
(英) Mental Fatigue / Flicker Values / Kraepelin tests / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 514, NC2015-101, pp. 185-188, 2016年3月.
資料番号 NC2015-101 
発行日 2016-03-15 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2015-101

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2016-03-22 - 2016-03-23 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa University 
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2016-03-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フリッカー値を用いた中枢性疲労の測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement of mental Fatigue by using Flicker Values 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 中枢性疲労 / Mental Fatigue  
キーワード(2)(和/英) フリッカー値 / Flicker Values  
キーワード(3)(和/英) クレペリンテスト / Kraepelin tests  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福永 匠 / Takumi Fukunaga / フクナガ タクミ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 直樹 / Naoki Fujiwara / フジワラ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 涼太 / Ryota Inoue / イノウエ リョウタ
第3著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 章浩 / Akihiro Tanaka / タナカ アキヒロ
第4著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 健太郎 / Kentaro Kinoshita / キノシタ ケンタロウ
第5著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸田 悟 / Satoru Kishida / キシダ サトル
第6著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-23 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2015-101 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.514 
ページ範囲 pp.185-188 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NC-2016-03-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会