電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-22 10:55
皮膚電気刺激における高周波ブロックの試み
高橋 篤二見亮弘福島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) バースト状の低周波(主刺激)と高周波(副刺激)の刺激波形を重ね合わせて用いる際、2組の電極を使い空間的に合成する手法と,主刺激と副刺激を加算し1つの刺激波形として刺激する手法を試みた。結果として後者の手法で副刺激の刺激強度が上昇すると、主刺激の刺激効果が減少するという高周波ブロックの効果が確認された。
加えて,主刺激で刺激しているときに副刺激の刺激強度を上げていくと,浅部の神経のみがブロックされ,深部の神経が優先的に刺激されたと推測される効果が確認された. 
(英) Two experiments to develop a new selective nerve stimulation method were performed.
In the first experiment, we used two pairs of surface electrodes to apply low frequency burst (main) stimulus and to apply high frequency continuous blocking (sub) stimulus. As a result, it was confirmed that when increasing the amplitude of the sub stimulus, the effect of main stimulus was reduced.
In the second experiment, one pair of electrodes was used to apply numerically added main and sub stimulus, each of which is identical to the one in the first experiment. From the result, it was guessed that the superficial nerve fibers were blocked and only the deep nerves were selectively stimulated.
キーワード (和) 高周波ブロック / 刺激波形の合成 / 選択的神経刺激 / 皮膚表面電極 / / / /  
(英) high-frequency blocking / synthesis of stimulus waveforms / selective nerve stimulation / surface electrical stimulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 513, MBE2015-106, pp. 17-20, 2016年3月.
資料番号 MBE2015-106 
発行日 2016-03-15 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE NC  
開催期間 2016-03-22 - 2016-03-23 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa University 
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2016-03-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 皮膚電気刺激における高周波ブロックの試み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Attempt of high frequency blocking in surface electrical stimulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高周波ブロック / high-frequency blocking  
キーワード(2)(和/英) 刺激波形の合成 / synthesis of stimulus waveforms  
キーワード(3)(和/英) 選択的神経刺激 / selective nerve stimulation  
キーワード(4)(和/英) 皮膚表面電極 / surface electrical stimulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 篤 / Atsushi Takahashi / タカハシ アツシ
第1著者 所属(和/英) 福島大学 (略称: 福島大)
Fukushima University (略称: Fukushima Uni.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 二見 亮弘 / Ryoko Futami / フタミ リョウコウ
第2著者 所属(和/英) 福島大学 (略称: 福島大)
Fukushima University (略称: Fukushima Uni.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-22 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2015-106 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.513 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2016-03-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会