電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-18 13:30
ストリートダンス訓練のためのワイヤ駆動型全身力覚提示装置
川崎太雅赤羽克仁長谷川晶一佐藤 誠東工大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本研究ではストリートダンスの訓練時に力覚を提示するシステムを提案した.学習指導要領改訂により学校教育においてダンスが必修化され,そのなかでも特にストリートダンスが非常に注目を浴びている.しかし,従来のストリートダンスの訓練環境は,対人以外では映像などの視覚情報が大部分を占めており,あまり直観的であるとはいえなかった.一方で指導者が手取り足取り教えるのは力覚によるものであり,力覚提示によりこの再現ができればより直観的に訓練が行えると考えた.本研究ではストリートダンスの基本動作の一種である「リズム取り」を対象に選定し,力覚提示による訓練を可能とするワイヤ駆動型の力覚提示装置の設計,開発を行った.評価実験の結果より,客観/主観双方の評価軸において提案システムによる訓練がストリートダンス習得に有効であることが確かめられた. 
(英) This research proposed the haptic interface for street dance training. Recently, street dancing has attracted a great deal of attention. Particularly, in Japan, “dance” became compulsory in the subject, physical education because curriculum guidelines were revised by Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology in 2008. Almost all conventional training environments for street dancing have only visual information, such as watching videos. However, by contrast, the training in which trainers take trainees by the hand and teach them step by step has haptic information. Given this information, more effective training environments for street dancing could be constructed by using haptic information. Deciding that the target task should be “keeping the beat”, this research designed and developed human-scale wire-driven haptic interface which enable street dance training. As a result of evaluation experiment, effectiveness of training using the proposed interface was confirmed.
キーワード (和) 力覚提示装置 / ワイヤ駆動 / 等身大 / ストリートダンス / 教示 / オーグメンテッド・ヒューマン / /  
(英) Haptic Interface / Wire-driven / Human-scale / Street Dance / Training / Augmented Human / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 512, HIP2015-97, pp. 5-10, 2016年3月.
資料番号 HIP2015-97 
発行日 2016-03-11 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2016-03-18 - 2016-03-19 
開催地(和) 東京工業大学 すずかけ台キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 手,力触覚の計算, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2016-03-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ストリートダンス訓練のためのワイヤ駆動型全身力覚提示装置 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Whole-body Wire-driven Haptic Interface for Street Dance Training 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 力覚提示装置 / Haptic Interface  
キーワード(2)(和/英) ワイヤ駆動 / Wire-driven  
キーワード(3)(和/英) 等身大 / Human-scale  
キーワード(4)(和/英) ストリートダンス / Street Dance  
キーワード(5)(和/英) 教示 / Training  
キーワード(6)(和/英) オーグメンテッド・ヒューマン / Augmented Human  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川崎 太雅 / Taiga Kawasaki / カワサキ タイガ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤羽 克仁 / Katsuhito Akahane / アカハネ カツヒト
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 晶一 / Shoichi Hasegawa / ハセガワ ショウイチ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 誠 / Makoto Sato / サトウ マコト
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-18 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2015-97 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.512 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HIP-2016-03-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会