電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-11 11:30
モバイル端末からの漏えい電磁波の周波数解析による画面再現可能性評価に関する検討
伊丹 豪鳥海陽平後藤信司高谷和宏NTT)・林 優一本間尚文青木孝文東北大
抄録 (和) モバイル端末から放出される漏えい電磁波をアンテナなどで受信することで端末の画面情報が再現される脅威が指摘されている.特に,画面の再現が可能な漏えい電磁波には,AM復調後の信号に,画面描画の際に水平方向の同期を行うための周波数成分(描画周波数と呼ぶ)が含まれることが報告されている.しかし,上記描画周波数を持つ漏えい電磁波においても画面が再現できない場合が存在し,画面の再現が可能な漏えい電磁波の要件については十分な検討がなされていないため,本稿では,漏えい電磁波のAM復調後の信号が持つ周波数特性と再現される画像の関係ついて実験的に評価した.
評価の結果,画面の再現が可能な漏えい電磁波では描画周波数とその高調波のみが観測されたのに対して,描画周波数を含むが,画面が再現されなかった漏えい電磁波では,描画周波数とその高調波以外に,画面再現を妨げていると考えられる周波数成分が確認された. 
(英) There is the risk for mobile devices that its screen is monitored by attackers capturing electromagnetic emanation from it. Specifically, it is reported that emanated electromagnetic waves which enable screen reconstruction to have a special frequency component which corresponds to a horizontal synchronization frequency (we call it ‘drawing frequency’). However, the requirement of emanated electromagnetic waves is not found out clearly yet, because emanated electromagnetic waves which have its drawing frequency components can be not always used to its screen reconstruction. In this paper, we focus on frequency characteristics of AM demodulated signals of emanated electromagnetic waves, and analyze their electromagnetic characteristics experimentally.
In particular, we consider the difference of frequency characteristics between the wave with drawing frequency components which cannot be used to screen reconstruction and that of which enables screen reconstruction with AM demodulated signals of these waves from the same devices. As a result, it is observed that emanated electromagnetic waves which enable screen reconstruction to have drawing frequency components and its harmonic components. On the other hand, it is observed that those of which cannot be used to screen reconstruction contain significant noise components other than those components. Therefore, we confirmed the difference between the two waves in frequency characteristics of those AM demodulated signals.
キーワード (和) 漏えい電磁波 / AM復調 / 画面再現 / 高調波成分 / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 509, EMCJ2015-125, pp. 5-9, 2016年3月.
資料番号 EMCJ2015-125 
発行日 2016-03-04 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2016-03-11 - 2016-03-11 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) EMC一般 
テーマ(英) EMC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2016-03-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイル端末からの漏えい電磁波の周波数解析による画面再現可能性評価に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on possibility of screen reconstruction by frequency analysis of electromagnetic emanation from mobile devices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 漏えい電磁波 /  
キーワード(2)(和/英) AM復調 /  
キーワード(3)(和/英) 画面再現 /  
キーワード(4)(和/英) 高調波成分 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊丹 豪 / Go Itami / イタミ ゴウ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳥海 陽平 / Yohei Toriumi / トリウミ ヨウヘイ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 信司 / Shinji Goto / ゴトウ シンジ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高谷 和宏 / Kazuhiro Takaya / タカヤ カズヒロ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 優一 / Yu-ichi Hayashi / ハヤシ ユウイチ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 尚文 / Naofumi Homma / ホンマ ナオフミ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 孝文 / Takafumi Aoki / アオキ タカフミ
第7著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-11 11:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2015-125 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.509 
ページ範囲 pp.5-9 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EMCJ-2016-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会