お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-10 15:05
半量子鍵配送プロトコルの鍵レートの改善
山田健斗松本隆太郎東工大IT2015-121 ISEC2015-80 WBS2015-104
抄録 (和) 盗聴者に対して情報理論的安全性を持つ秘密鍵共有法として半量子鍵配送プロトコル(SQKD)が知られており,その特徴として受信者の操作が半量子的なものに制限されることが挙げられる.SQKDプロトコルの鍵レートの下界はKrawecによって明らかにされたがその下界は精密でない可能性がある.そこでvon Neumann エントロピーの最小化,凸最適化の制約条件の細分化,情報整合に用いる情報の追加の3つの改善を行うことにより,SQKDプロトコルが分極解消レート11.9%でも秘密鍵を生成可能なことを示した. 
(英) The semi-quantum key distribution protocol(SQKD) is known as a secret key sharing method with information-theoretic security against an eavesdropper. The SQKD protocol is characterized in that the receiver is limited to performing "classical" or "semi-quantum" operations. A lower bound of key rate of the SQKD protocol is shown by Krawec, however its bound may not be tight. So we improve the key rate by minimization of von Neumann entropy, addition of convex optimization constraints and adding new information to be used in the information reconciliation. As a result of these three improvements, we show that the SQKD protocol can generate secure key at 11.9% depolarizing rate.
キーワード (和) 量子暗号 / 量子鍵配送 / 半量子鍵配送 / SQKDプロトコル / / / /  
(英) quantum cryptgraphy / quantum key distribution / semi-quantum key distribution / SQKD / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 500, IT2015-121, pp. 125-130, 2016年3月.
資料番号 IT2015-121 
発行日 2016-03-03 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2015-121 ISEC2015-80 WBS2015-104

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2016-03-10 - 2016-03-11 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) The University of Electro-Communications 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2016-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 半量子鍵配送プロトコルの鍵レートの改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improved Key Rate of the Semi-Quantum Key Distribution Protocol 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子暗号 / quantum cryptgraphy  
キーワード(2)(和/英) 量子鍵配送 / quantum key distribution  
キーワード(3)(和/英) 半量子鍵配送 / semi-quantum key distribution  
キーワード(4)(和/英) SQKDプロトコル / SQKD  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 健斗 / Kento Yamada / ヤマダ ケント
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 隆太郎 / Ryutaroh Matumoto /
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-10 15:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2015-121,IEICE-ISEC2015-80,IEICE-WBS2015-104 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.500(IT), no.501(ISEC), no.502(WBS) 
ページ範囲 pp.125-130 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2016-03-03,IEICE-ISEC-2016-03-03,IEICE-WBS-2016-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会