電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-10 14:30
254ビット素数の自乗を位数とする有限体乗算器を32ビット単位パイプライン化モンゴメリ乗算を用いて構成するアーキテクチャ
長浜佑介藤本大介松本 勉横浜国大IT2015-116 ISEC2015-75 WBS2015-99
抄録 (和) 高機能暗号を構成するためのひとつの要素として,ペアリングがある.126ビットセキュリティレベル程度のペアリングは,埋め込み次数12のBN曲線を利用することで高速に実行できることが知られている.このとき254ビット素数の12乗を位数とする有限体上の演算が多用され,同演算の実装に関する研究が盛んである.本研究では254ビット素数の12乗を位数とする有限体上の演算を254ビット素数の自乗を位数とする有限体上の演算を用いて実現する.254ビット素数の自乗を位数とする有限体上の演算は,剰余加減算器と剰余乗算器で構成される.このうち,剰余乗算の演算時間が支配的である.本研究では,剰余乗算器に32ビット単位パイプライン化モンゴメリ乗算器を用いることにより254ビット素数の自乗を位数とする演算を高速化させる構成法を提案する. 
(英) Bilinear Pairing is a major tool to realize advanced cryptographic functionality such as searchable encryption, aggregate signature, proxy re-encryption, attribute-based and functional encryption. Pairing at 126bit security can be realized efficiently by using a BN curve over GF(p) with embedding degree 12, where p is a 254bit prime. Aiming at designing a superior hardware engine for the BN-curve based pairing computation including GF(p), GF(p^2), and GF(p^12) operations we propose a multiplier architecture for GF(p^2) based on pipelined 32bit Montgomery multipliers and evaluate the resultant performances.
キーワード (和) ハードウェアアーキテクチャ / 有限体乗算器 / モンゴメリ乗算 / パイプライン実装 / ペアリング暗号 / / /  
(英) Cryptographic Hardware Architecture / Finite Field Multiplier / Montgomery Multiplication / Pipeline Implementation / Pairing Cryptography / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 501, ISEC2015-75, pp. 95-100, 2016年3月.
資料番号 ISEC2015-75 
発行日 2016-03-03 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2015-116 ISEC2015-75 WBS2015-99

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2016-03-10 - 2016-03-11 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) The University of Electro-Communications 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2016-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 254ビット素数の自乗を位数とする有限体乗算器を32ビット単位パイプライン化モンゴメリ乗算を用いて構成するアーキテクチャ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Multiplier Architecture for Finite Field of 254bit-Prime Square Order Based on Pipelined 32bit Montgomery Multipliers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハードウェアアーキテクチャ / Cryptographic Hardware Architecture  
キーワード(2)(和/英) 有限体乗算器 / Finite Field Multiplier  
キーワード(3)(和/英) モンゴメリ乗算 / Montgomery Multiplication  
キーワード(4)(和/英) パイプライン実装 / Pipeline Implementation  
キーワード(5)(和/英) ペアリング暗号 / Pairing Cryptography  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長浜 佑介 / Yusuke Nagahama / ナガハマ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 大介 / Daisuke Fujimoto / フジモト ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 勉 / Tsutomu Matsumoto / マツモト ツトム
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-10 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2015-116,IEICE-ISEC2015-75,IEICE-WBS2015-99 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.500(IT), no.501(ISEC), no.502(WBS) 
ページ範囲 pp.95-100 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2016-03-03,IEICE-ISEC-2016-03-03,IEICE-WBS-2016-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会