お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-10 11:05
任意の事前分布を用いたネットワーク内ウィルス感染源のベイズ推定
木戸涼介松田哲直松本隆太郎植松友彦東工大IT2015-104 ISEC2015-63 WBS2015-87
抄録 (和) ネットワークにコンピューターウィルスが広がる現象を、ノードとエッジで構成されるグラフ上でのウィルスの広がりとしてモデル化し、ウィルスに感染したノードの集合から感染源を推定することを考える。従来研究では、感染源となり得るノードについて、感染源となる確率の事前分布が一様である場合を扱い、regular treeに対して、感染したノード集合から感染源を推定する最適な推定方法を提案している。但し、regular treeとは、ノードの次数が全てのノードに対して等しく、ループ構造を持たない無向グラフである。小文では、事前分布が必ずしも一様でない場合を扱い、regular treeに対して最適な推定法を用いた場合の推定成功率を明らかにしている。また、数値計算によって、推定成功率を従来研究と比較し、推定成功率の改善を確認している。 
(英) We model a phenomenon that a computer virus is spreading in a network as infection of the virus in a graph constructed of nodes and edges. We consider estimating the source of infection from the nodes infected by the virus. In previous studies, it was assumed that the prior distribution of the source is uniform. For regular trees, the optimal estimation method was shown in order to estimate the source of the infection from the nodes. In this paper, we consider the case that the prior distribution is not necessarily uniform. For regular trees, we clarify the correct detection probability for some cases with the optimal estimation method. Moreover, we compare the obtained correct detection probability with that of a previous result by numerical computation, and show the improve of the correct detection probability.
キーワード (和) ベイズ推定 / グラフ理論 / 感染 / MAP推定 / / / /  
(英) Bayesian estimation / graph theory / infection / MAP estimator / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 500, IT2015-104, pp. 19-24, 2016年3月.
資料番号 IT2015-104 
発行日 2016-03-03 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2015-104 ISEC2015-63 WBS2015-87

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2016-03-10 - 2016-03-11 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) The University of Electro-Communications 
テーマ(和) IT・ISEC・WBS合同研究会 
テーマ(英) joint meeting of IT, ISEC, and WBS 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2016-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 任意の事前分布を用いたネットワーク内ウィルス感染源のベイズ推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bayesian Estimation of the Virus Source of an Infection in a Network Using Any Prior Distribution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ベイズ推定 / Bayesian estimation  
キーワード(2)(和/英) グラフ理論 / graph theory  
キーワード(3)(和/英) 感染 / infection  
キーワード(4)(和/英) MAP推定 / MAP estimator  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木戸 涼介 / Ryousuke Kido / キド リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 哲直 / Tetsunao Matsuta / マツタ テツナオ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 隆太郎 / Ryutaroh Matsumoto / マツモト リュウタロウ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 植松 友彦 / Tomohiko Uyematsu / ウエマツ トモヒコ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-10 11:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2015-104,IEICE-ISEC2015-63,IEICE-WBS2015-87 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.500(IT), no.501(ISEC), no.502(WBS) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2016-03-03,IEICE-ISEC-2016-03-03,IEICE-WBS-2016-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会