電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-08 10:50
塩水がスパイラル共振器の無負荷Q値に与える損失機構に関する理論解析
川辺健太朗二神 大張 陽軍石崎俊雄龍谷大)・粟井郁雄リューテックWPT2015-89
抄録 (和) 我々は高効率海水中無線給電を実現するためスパイラル共振器の装荷容量、共振周波数、サイズ、線種等の種々のパラメータの最適化を行ってきたが、具体的に塩水が共振器に与える影響を把握しきれてはいなかった。そこで電磁界シミュレーションソフトHFSSを使用し実環境に近いモデルで電磁界エネルギーを算出することで損失要因を掴む端緒を見出した。それに加え無負荷Qの理論値、実測値を比較し導電率周波数特性の損失への影響も調べた。 
(英) We have optimized various kinds of parameters such as the loading capacitors of a spiral resonator, its resonant frequency, its size, and the winding line of coils to realize high efficiency wireless power transfer under seawater, but have not fully grasped the effects that the salt water gives to resonators. Therefore, using the electromagnetic field simulation software HFSS, we started to find a loss mechanism by calculation of the electromagnetic field energy in the realistic model as possible. In addition, comparing the theoretical value based on a new model with the measured value of unloaded Q, we have studied the influence of frequency characteristics of conductivity to the loss mechanism.
キーワード (和) WPTシステム / 海水 / 海中給電 / 電磁界エネルギー / C付きスパイラル共振器 / 無負荷Q値 / /  
(英) Wireless Power Transfer System / spiral resonator with capacitor / seawater / unloaded Q / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 498, WPT2015-89, pp. 71-76, 2016年3月.
資料番号 WPT2015-89 
発行日 2016-02-29 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WPT2015-89

研究会情報
研究会 WPT  
開催期間 2016-03-07 - 2016-03-08 
開催地(和) 京都大学宇治キャンパス 
開催地(英) Kyoto Univ. Uji Campus 
テーマ(和) 無線電力伝送技術・SPS技術・一般 
テーマ(英) Wireless Power Transfer, SPS Technology, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2016-03-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 塩水がスパイラル共振器の無負荷Q値に与える損失機構に関する理論解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Theoretical Analysis on the loss mechanism that salt water gives to spiral resonator's unloaded Q 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WPTシステム / Wireless Power Transfer System  
キーワード(2)(和/英) 海水 / spiral resonator with capacitor  
キーワード(3)(和/英) 海中給電 / seawater  
キーワード(4)(和/英) 電磁界エネルギー / unloaded Q  
キーワード(5)(和/英) C付きスパイラル共振器 /  
キーワード(6)(和/英) 無負荷Q値 /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川辺 健太朗 / Kentaro Kawabe / カワベ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 二神 大 / Dai Futagami / フタガミ ダイ
第2著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 陽軍 / Yangjun Zhang /
第3著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石崎 俊雄 / Toshio Ishizaki / イシザキ トシオ
第4著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 粟井 郁雄 / Ikuo Awai / アワイ イクオ
第5著者 所属(和/英) 株式会社リューテック (略称: リューテック)
Ryutech Corporation (略称: Ryutech)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-08 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WPT 
資料番号 IEICE-WPT2015-89 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.498 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WPT-2016-02-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会