電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-07 15:30
飲料の彩度変化が味の濃さと明瞭さに与える影響
西村幸泰橋田朋子早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らは視覚情報を操作することで味覚を変化させることを目指し,ヘッドマウントディスプレイ上で食品の彩度を置換提示するシステムを開発した.本稿では,開発したシステムの展示を報告し,展示と先行研究での課題を踏まえて特に飲料の彩度変化が味の濃さと明瞭さへ与える影響を検討した.味の明瞭さは味が何であるかの特定のしやすさと定義した.デモ展示での予備調査から彩度が味の濃さと明瞭さに影響を与えることが示唆された.また,実験の結果,いずれのショ糖の濃度でも彩度が高くなると味が濃いと判断されることと,彩度が高くなるとその色と合致した特定の飲料の判定を素早くする傾向が明らかになった. 
(英) In order to change taste perception by visual feedback, we propose a system that changes both food and beverage color saturation with a head-mounted display.In this paper,we report the results of our system demonstration and describe how changing beverage saturation affects strength and clarity of taste by considering problems that occurred during the demonstration as well as in prior research.We define clarity of taste as ease of judging flavor.The feedback from the demonstration suggested that changing beverage saturation affects strength and clarity.Experimental results showed that the higher the saturation became,the stronger the taste subjects perceived regardless of sucrose concentration and the earlier subjects judged a flavor if the color of the beverage matched the flavor.
キーワード (和) クロスモーダル / ヴィジュアルフィードバック / 味覚 / AR / / / /  
(英) cross modality / visual feedback / taste perception / augmented reality / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 495, MVE2015-69, pp. 79-83, 2016年3月.
資料番号 MVE2015-69 
発行日 2016-02-29 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IE IMQ MVE CQ  
開催期間 2016-03-07 - 2016-03-08 
開催地(和) 名桜大 
開催地(英)  
テーマ(和) 五感メディア,食メディア,ソーシャルメディア,マルチメディア,仮想環境基礎,映像符号化,超臨場感,ネットワークの品質と信頼性,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2016-03-IE-IMQ-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 飲料の彩度変化が味の濃さと明瞭さに与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) How Changing Beverage Saturation Affects Strength and Clarity of Taste 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クロスモーダル / cross modality  
キーワード(2)(和/英) ヴィジュアルフィードバック / visual feedback  
キーワード(3)(和/英) 味覚 / taste perception  
キーワード(4)(和/英) AR / augmented reality  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 幸泰 / Yukihiro Nishimura /
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋田 朋子 / Tomoko Hashida /
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-07 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-IMQ2015-42,IEICE-IE2015-141,IEICE-MVE2015-69 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.493(IMQ), no.494(IE), no.495(MVE) 
ページ範囲 pp.79-83 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IMQ-2016-02-29,IEICE-IE-2016-02-29,IEICE-MVE-2016-02-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会