電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-07 11:20
在宅食事療法の栄養素情報の分析と動的な献立計画支援手法の提案
小島誠也奈良先端大)・冨田圭子木戸慎介近畿大)・森田 晶金谷重彦奈良先端大)・稲村真弥上西 梢近畿大)・武富貴史山本豪志朗サンドア クリスチャン加藤博一奈良先端大IMQ2015-34 IE2015-133 MVE2015-61
抄録 (和) 本稿では,慢性腎臓病患者の在宅食事療法における栄養素量の分析結果を示し,長期継続的な実践における精神的負担の軽減を目的とした動的な献立計画支援手法を提案する.
慢性腎臓病の食事療法においては,課せられる厳しい制限による栄養不良の懸念や,複雑なルールによる患者への精神的ストレスが問題となる.
我々は,従来手法の実態調査として慢性腎臓病の食事療法で用いられる食事の栄養素量を分析し,カルシウムやマグネシウムをはじめとする多数の微量栄養素の不足を確認した.
また,患者が食事療法に対して抱く不満を解消する方法の一つとして,複数日での栄養摂取量に対し食事摂取基準を適用する手法を考案し,本手法を評価するための予備実験を実施した.
その結果,献立選択に対して満足度の向上が確認されたことから,食事療法の継続的実践において有効である可能性を示した. 
(英) In the present work, we define a new dynamic method to support menu planning activities which eventually aims to improve quality of life for Chronic Kidney Disease (CKD) patients.
CKD Patients face certain problems on specific dietary plans which should be required nutritional intake amounts including calcium and magnesium.
In this paper, we have carried out nutritional analysis on the medical diet prescribed to CKD patients.
We confirmed that the required intake amount for some micronutrients such as calcium and magnesium were not satisfied with the current method.
We defined a new method for menu planning support which restricts the total amount of nutritional intake during a several days period instead of only one.
We performed a user study to evaluate the satisfaction of test subjects after using our method.
The results showed that our method has a potential to increase the satisfaction of CKD patients after using it for longer periods of time.
キーワード (和) 食事療法 / 慢性腎臓病 / 栄養解析 / 微量栄養素 / 献立計画 / / /  
(英) diet therapy / chronic kidney disease / nutritional analysis / micronutrient / menu planning / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 495, MVE2015-61, pp. 43-48, 2016年3月.
資料番号 MVE2015-61 
発行日 2016-02-29 (IMQ, IE, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IMQ2015-34 IE2015-133 MVE2015-61

研究会情報
研究会 IE IMQ MVE CQ  
開催期間 2016-03-07 - 2016-03-08 
開催地(和) 名桜大 
開催地(英)  
テーマ(和) 五感メディア,食メディア,ソーシャルメディア,マルチメディア,仮想環境基礎,映像符号化,超臨場感,ネットワークの品質と信頼性,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2016-03-IE-IMQ-MVE-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 在宅食事療法の栄養素情報の分析と動的な献立計画支援手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Nutritional Information and Proposal of Active Planning Support Method for Diet Therapy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 食事療法 / diet therapy  
キーワード(2)(和/英) 慢性腎臓病 / chronic kidney disease  
キーワード(3)(和/英) 栄養解析 / nutritional analysis  
キーワード(4)(和/英) 微量栄養素 / micronutrient  
キーワード(5)(和/英) 献立計画 / menu planning  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 誠也 / Seiya Kojima / コジマ セイヤ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨田 圭子 / Keiko Tomita / トミタ ケイコ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木戸 慎介 / Shinsuke Kido / キド シンスケ
第3著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 晶 / Aki Morita / モリタ アキ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 金谷 重彦 / Shigehiko Kanaya / カナヤ シゲヒコ
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲村 真弥 / Maya Inamura / イナムラ マヤ
第6著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 上西 梢 / Kozue Uenishi / ウエニシ コズエ
第7著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 武富 貴史 / Takafumi Taketomi / タケトミ タカフミ
第8著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 豪志朗 / Goshiro Yamamoto / ヤマモト ゴウシロウ
第9著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) サンドア クリスチャン / Christian Sandor / サンドア クリスチャン
第10著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 博一 / Hirokazu Kato / カトウ ヒロカズ
第11著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-07 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-IMQ2015-34,IEICE-IE2015-133,IEICE-MVE2015-61 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.493(IMQ), no.494(IE), no.495(MVE) 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2016-02-29,IEICE-IE-2016-02-29,IEICE-MVE-2016-02-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会