電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-07 10:50
効率的な波長資源共有と重要光回線パスの強制確保手法
白岩雅輝宮澤高也古川英昭淡路祥成和田尚也NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々が提案する光パケット・光パス統合ネットワークは,光パケット交換および光回線交換で使用する波長資源を共有し,需要に応じて波長資源を再分配することで,効率的な波長資源の利用を動的に提供可能である.しかしながら,重要光回線は未使用時でも波長を占有し常時設定しておく必要があり,波長資源の効率的な使用という側面では矛盾していた.我々は,回線需要に応じた波長資源の分配を行いながら,緊急時には重要光回線を確実に確保できる波長資源再構成システムを提案し,波長資源を効率的に使用しつつ,重要光回線用光パスを強制的に確保できる技術を実証する. 
(英) The optical packet and circuit integrated network provides dynamic and efficient use of wavelength resources which is shared to optical circuit switching and optical packet switching by reconfigure it according to user demands. However, the lightpath as the critical communications must have ensured anytime, even if it not used. It was inconsistent with aspects of efficient use of wavelength resources. We have been developing a dynamic wavelength resource reconfiguration technology to reduce the waste of resource and congestion. In this paper, we propose and demonstrate a novel wavelength resource reconfiguration system which forcibly ensure the critical communications reliably in an emergency like a large disaster, while efficiently using the wavelength resources according to the user demand.
キーワード (和) 波長資源 / 再構成 / 光回線交換 / 光パケット交換 / / / /  
(英) wavelength resources / reconfiguration / optical circuit switching / optical packet switching / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 497, PN2015-104, pp. 13-16, 2016年3月.
資料番号 PN2015-104 
発行日 2016-02-29 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2016-03-07 - 2016-03-08 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawaken Seinenkaikan 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2016-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 効率的な波長資源共有と重要光回線パスの強制確保手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Ensuring the Critical Communications on an Efficient Wavelength Resource Reconfiguration System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 波長資源 / wavelength resources  
キーワード(2)(和/英) 再構成 / reconfiguration  
キーワード(3)(和/英) 光回線交換 / optical circuit switching  
キーワード(4)(和/英) 光パケット交換 / optical packet switching  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白岩 雅輝 / Masaki Shiraiwa / シライワ マサキ
第1著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮澤 高也 / Takaya Miyazawa / ミヤザワ タカヤ
第2著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 英昭 / Hideaki Furukawa / フルカワ ヒデアキ
第3著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 淡路 祥成 / Yoshinari Awaji / アワジ ヨシナリ
第4著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 尚也 / Naoya Wada / ワダ ナオヤ
第5著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-07 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2015-104 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.497 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PN-2016-02-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会