お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-07 14:55
高効率なマイクロ波電力伝送システムに向けた小型試作モデル
松室尭之石川峻樹黄 勇西村貴希塚本 優後藤宏明三谷友彦篠原真毅京大WPT2015-80
抄録 (和) マイクロ波電力伝送では、送電アンテナから放射したほとんどすべてのマイクロ波エネルギーを受電アンテナで受け取ることにより、長距離においても高い伝送効率を実現することができる。このようなビーム型マイクロ波電力伝送システムの高効率化に向けて、約50 cm 四方の送受電アンテナを持つ小型試作モデルの開発を行った。今回の試作では、送電距離56.6 cm において24.4%の総合効率(ビーム捕集効率としては約70%)を得た。その後、総合効率の構成要素として4 種類の効率に着目しシステムの高効率化に向けた課題を明確にした。 
(英) In a microwave power transmission system, high transmission efficiency can be obtained at a long dis-tance if the reciving antenna absorbs almost all of the microwave energy radiated from the transmitting antenna. A small prototype model with about 50 cm square of the power transmitting and receiving antennas has been developed for the high efficiency of the system. As a result, a total transmission efficiency of 24.4% (with a beam collection efficiency of about 70%) has been obtained at a transmission distance of 56.6 cm. Four types of efficiency has been focused and discussed as a component of the total transmission efficiency for the high-efficient system.
キーワード (和) マイクロ波電力伝送 / 捕集効率 / 吸収効率 / 多重反射モデル / 漏洩電磁界 / / /  
(英) Microwave power transmission / Collection efficiency / Absorbing efficiency / Multi-reflection model / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 498, WPT2015-80, pp. 21-26, 2016年3月.
資料番号 WPT2015-80 
発行日 2016-02-29 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WPT2015-80

研究会情報
研究会 WPT  
開催期間 2016-03-07 - 2016-03-08 
開催地(和) 京都大学宇治キャンパス 
開催地(英) Kyoto Univ. Uji Campus 
テーマ(和) 無線電力伝送技術・SPS技術・一般 
テーマ(英) Wireless Power Transfer, SPS Technology, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2016-03-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高効率なマイクロ波電力伝送システムに向けた小型試作モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Small Prototype Model for High-efficient Microwave Power Transmission System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロ波電力伝送 / Microwave power transmission  
キーワード(2)(和/英) 捕集効率 / Collection efficiency  
キーワード(3)(和/英) 吸収効率 / Absorbing efficiency  
キーワード(4)(和/英) 多重反射モデル / Multi-reflection model  
キーワード(5)(和/英) 漏洩電磁界 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松室 尭之 / Takayuki Matsumuro / マツムロ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 峻樹 / Takaki Ishikawa / イシカワ タカキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 黄 勇 / Yong Huang / コウ ユウ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 貴希 / Takaki Nishimura / ニシムラ タカキ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 優 / Yu Tsukamoto / ツカモト ユウ
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 宏明 / Hiroaki Goto / ゴトウ ヒロアキ
第6著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 三谷 友彦 / Tomohiko Mitani / ミタニ トモヒコ
第7著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠原 真毅 / Naoki Shinohara / シノハラ ナオキ
第8著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-07 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WPT 
資料番号 IEICE-WPT2015-80 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.498 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WPT-2016-02-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会