電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-05 16:15
実用型Prop-Tactile displayの開発と教育利用への可能性に向けた評価
坂井忠裕NHKエンジニアリングシステム)・坂尻正次筑波技大)・半田拓也清水俊宏NHK)・大西淳児緒方昭広筑波技大)・村山慎二郎リクルート
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 視覚に障がいのある人が触覚ディスプレイに表示される図やグラフなどの2次元情報を迅速かつ正確に理解できることを目的に,局所的に振動ができる触覚提示と力覚誘導を複合した触覚/力覚誘導提示方式(Prop-Tactile display)を提案している.今回,市販の触覚ディスプレイと安価な力覚提示装置を用いた実用的な装置を開発し,提案する提示方式の効果を従来の音声の説明や凹凸の触覚提示と比較評価した.実用型のProp-Tactile displayでは,力覚誘導の区間を分割して選択できる機能を備えることで,ユーザが図の任意の範囲の内容把握や地図経路を選択して取得することが可能である.評価実験では,鍼灸経穴と聴覚器官の図を刺激材料として,提示法が図のイメージのしやすさや図を構成するオブジェクトの位置関係の把握に与える効果を主観評価で求めた.その結果,触覚/力覚誘導提示方式は,従来の音声説明と凹凸提示と比較し統計的にも有意に効果があることが実証され,教育利用への可能性が得られた. 
(英) We propose a new compound presentation system (Prop-Tactile display) to make it easier for visually impaired people to rapidly and accurately understand two-dimensional information. The system has two additional presentation methods on a conventional tactile pin-display, one is a local vibration presentation method and the other a powered mechanical leading method. This time, we have developed a practical device of Prop-Tactile display that is constructed in commercial tactile display and cheap force feedback device. The practical Prop-Tactile display provide the function that user can freely choose a divided set route of a powered mechanical leading. Then we perform experiment using the practical Prop-Tactile display to evaluated the effect of the Prop-Tactile presentation methods compared with the case of the tactile pin-display only or voice explanation. In the experiment, easiness of imagination of the figure and grasping the positional relation between the objects is subjectively evaluated using the figure of teaching materials. The subjective evaluation result shows that the evaluation values for the addition of the powered mechanical leading presentation or the local vibration presentation are statistically higher than the static pin-display presentation only. These results clearly suggest the possibility that the proposed Prop-Tactile display is effective for visually-impaired people to understand figures, and for the education use.
キーワード (和) 視覚障がい者 / 触覚ディスプレイ / 局所振動 / 力覚誘導 / 触覚/力覚誘導提示 / 教育利用 / /  
(英) Visually impaired people / Tactile display / Local area vibration / Powered mechanical leading presentation / Proprioception and Tactile display / Education use / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 491, WIT2015-110, pp. 121-126, 2016年3月.
資料番号 WIT2015-110 
発行日 2016-02-26 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2016-03-04 - 2016-03-05 
開催地(和) 筑波技術大学春日キャンパス(つくば) 
開催地(英) Tusukuba Univ. of Tech.(Tsukuba) 
テーマ(和) 聴覚・視覚障害者支援、一般 
テーマ(英) Hearing / Visually impaired person support technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2016-03-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実用型Prop-Tactile displayの開発と教育利用への可能性に向けた評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of practical use type Prop-Tactile display and evaluation for the possibility of the education use 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚障がい者 / Visually impaired people  
キーワード(2)(和/英) 触覚ディスプレイ / Tactile display  
キーワード(3)(和/英) 局所振動 / Local area vibration  
キーワード(4)(和/英) 力覚誘導 / Powered mechanical leading presentation  
キーワード(5)(和/英) 触覚/力覚誘導提示 / Proprioception and Tactile display  
キーワード(6)(和/英) 教育利用 / Education use  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 忠裕 / Tadahiro Sakai / サカイ タダヒロ
第1著者 所属(和/英) NHKエンジニアリングシステム (略称: NHKエンジニアリングシステム)
NHK Engineering System (略称: NES)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂尻 正次 / Masatsugu Sakajiri / サカジリ マサツグ
第2著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba University of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 半田 拓也 / Takuya Handa / ハンダ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 俊宏 / Toshihiro Shimizu / シミズ トシヒロ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 淳児 / Junji Onishi / オオニシ ジュンジ
第5著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba University of Technology)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 緒方 昭広 / Akihiro Ogata / オガタ アキヒロ
第6著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba University of Technology)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 慎二郎 / Shinjiro Murayama / ムラヤマ シンジロウ
第7著者 所属(和/英) リクルートスタッフィング (略称: リクルート)
Recruit Stuffing (略称: Recruit)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-05 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2015-110 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.491 
ページ範囲 pp.121-126 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2016-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会