電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 13:30
CatalogueSystemのグラフ構造およびユーザのアクセス履歴を用いたコンテンツの絞り込み提示機構
岩井聡一朗寺岡文男金子晋丈慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,インターネットを介して共有されるコンテンツはますます増加傾向にあり,これらのコンテンツ群からいかにユーザの興味・関心をひくコンテンツを選択し提示できるかが重要な技術課題となっている.
筆者らは,コンテンツ間の関係を表すグラフ構造を管理するシステムとして Catalogue System を用いた上で,コンテンツ間のグラフ構造の解析を個人のアクセス履歴に基づいて実行し,コンテンツ群を提示する機構として Personal Service Manager を設計実装した.
システムを評価することで,Personal Service Manager からの RTT が 50 ms の環境下では 200 程度のコンテンツを解析対象にすると Web システムでの許容応答時間である 2 秒を満たすという結果が得られた. 
(英) In recent years,the number of digital contents shared on the internet has been increasing.It is the important how to select we retrieve contents which user will be interested in and provide them.
In this research,using graph structures of Catalogue System for contents management,we designed and implemented Personal Service Manager, that analyzes the graph structures based on user's contents access history. The evaluation showed 200 contents was analyzed within 2 sec in case that RTT is 50 ms between Personal Service Manager and Catalogue System.
キーワード (和) Catalogue / グラフ構造 / アクセス履歴 / コンテンツ選択 / パーソナライズ / / /  
(英) Catalogue / Graph Structure / Access Log / Contents Selection / Personalization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 484, IN2015-144, pp. 211-216, 2016年3月.
資料番号 IN2015-144 
発行日 2016-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CatalogueSystemのグラフ構造およびユーザのアクセス履歴を用いたコンテンツの絞り込み提示機構 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Personalized Contents Selection using Graph Structures of Catalogue System and User's Access History 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Catalogue / Catalogue  
キーワード(2)(和/英) グラフ構造 / Graph Structure  
キーワード(3)(和/英) アクセス履歴 / Access Log  
キーワード(4)(和/英) コンテンツ選択 / Contents Selection  
キーワード(5)(和/英) パーソナライズ / Personalization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 聡一朗 / Soichiro Iwai / イワイ ソウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺岡 文男 / Fumio Teraoka / テラオカ フミオ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 晋丈 / Kunitake Kaneko / クニタケ カネコ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-144 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.211-216 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会