電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 10:10
NDN上のビデオ配信におけるバッファリング戦略に基づく電力モデル提案と省電力化への検討
石津裕也金井謙治甲藤二郎中里秀則早大)・広瀬真里枝パナソニック アドバンストテクノロジー
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年、モバイルデバイスの急速な成長や、それに伴うコンテンツのリッチ化により無線通信における省電力化は重要な要素となっている。本稿ではNDN(Named Data Networking)におけるビデオストリーミングにおけるバッファリング戦略に基づいた電力モデル提案と省電力化への検討を行う。提案モデルはLTEの状態遷移による端末消費電力の違いに基づき構築を行う。また、再生バッファ制御によるオーバーヘッド電力の削減により省電力化を実現する。本提案モデルにより算出された端末電力量の傾向はおおよそ実測値と一致し、バッファリング戦略により、モデル値では37%、実測値では34%の省電力効果を確認した。 
(英) In recent years, performance of mobile devices and quality of content is getting richer and it becomes important to realize energy-efficient video delivery. In this paper, we introduce an energy consumption model of client devices in video streaming based on playout buffering strategy over NDN (Named Data Networking) and carry out experiments in order to verify the model. We evaluate energy consumption of devices in video streaming according to playout buffering strategies and achieved at most 37% and 34% power-saving effects for the proposed model and actual devices, respectively.
キーワード (和) 省電力 / ビデオストリーミング / NDN / / / / /  
(英) Energy Efficient / Video Streaming / NDN / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-207, pp. 225-230, 2016年3月.
資料番号 NS2015-207 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) NDN上のビデオ配信におけるバッファリング戦略に基づく電力モデル提案と省電力化への検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Energy Consumption Model Based on Playout Buffering Strategy for Green Video Streaming over NDN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 省電力 / Energy Efficient  
キーワード(2)(和/英) ビデオストリーミング / Video Streaming  
キーワード(3)(和/英) NDN / NDN  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石津 裕也 / Yuya Ishizu / イシヅ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 謙治 / Kenji Kanai / カナイ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中里 秀則 / Hidenori Nakazato / ナカザト ヒデノリ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 広瀬 真里枝 / Marie Hirose / ヒロセ マリエ
第5著者 所属(和/英) パナソニックアドバンストテクノロジー(株) (略称: パナソニック アドバンストテクノロジー)
Panasonic Advanced Technology Development Co.,Ltd (略称: Panasonic Advanced Technology Development)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-207 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.225-230 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会