電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 09:50
FECを考慮したリンク評価値による高機能ノードネットワークの経路制御
宮崎友彰山岡克式東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) リアルタイム性の高いアプリケーションでは,伝送所要時間削減のため,FECに代表される冗長伝送が広く行われている.これに対し,通常ノードのパケット転送機能に,高度なパケット処理機能を追加し,ノード間でもパケットの早期回復を行うことで,データを復号するまでの時間が減少し,さらなる伝送所要時間削減が見込まれる.そこで,本研究では,アプリケーション層でFECを用いた冗長伝送を行う環境において,高機能化したノードで構成されたネットワークを用いた,冗長伝送方式を提案する.また,提案冗長伝送方式に対応する,新たなリンク評価値もあわせて提案する.そして,シミュレーションにより,提案方式が,伝送所要時間の削減が可能であること,また,提案したリンク評価値を最短経路アルゴリズムに適用することで,準最適経路を構成することを示す. 
(英) In the real-time applications, redundant transmission with FEC is widely applied for reducing transmission time. We add advanced packet processing function to general nodes. This high functional node reduces transmission time before packet decoding, by early packet recovery between high functional nodes. In this study, we assume that FEC is operated in the application layer. We then propose a redundant transmission method using a network composed of high functional nodes. We also propose a novel link cost for applying to the proposed method. The result of computer simulation shows that the proposed method reduces transmission time and the sub-optimal paths are configured by applying the proposed link cost to the shortest path algorithm.
キーワード (和) FEC / 高機能ノード / リンク評価値 / 経路設計 / 遅延 / / /  
(英) FEC / High Functional Node / Link Cost / Routing / Delay / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 484, IN2015-125, pp. 101-106, 2016年3月.
資料番号 IN2015-125 
発行日 2016-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FECを考慮したリンク評価値による高機能ノードネットワークの経路制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of High Functional Node Path Configuration by Using Novel Link Cost Considering FEC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FEC / FEC  
キーワード(2)(和/英) 高機能ノード / High Functional Node  
キーワード(3)(和/英) リンク評価値 / Link Cost  
キーワード(4)(和/英) 経路設計 / Routing  
キーワード(5)(和/英) 遅延 / Delay  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 友彰 / Tomoaki Miyazaki / ミヤザキ トモアキ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-125 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.101-106 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会