電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 15:15
電磁コンタクタの諸特性と電極質量変化量への閉成時アークの影響
高橋祐嘉日向野佑太澤 孝一郎吉田 清日本工大エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2015-105
抄録 (和) AgNi合金を使用した接点を有する電磁コンタクタで実験を行い、アーク放電を閉成時のみに発生させる実験を行った。閉成時電流の違いが接触抵抗、アーク継続時間、アークエネルギー、およびバウンス時間などの諸特性に与える影響及び電極質量変化への影響を明らかにする目的で10万回の連続開閉を行った。さらに質量の変化量を3Dレーザ顕微鏡の観察から求めた。その結果、接触抵抗、アーク継続時間、バウンス時間は電流が大きくなるほど小さくなる傾向が見られた。閉成時のみにアークを発生させた実験の質量変化量は、陽極が減少し、陰極が増加する傾向が見られた。また、単位アークエネルギー当たりの質量変化量では電流によらずほぼ一定になった。 
(英) Experiments were carried out to clarify the influence of closed contact current on various characteristics, such as arc duration, contact resistance, arc energy and electrode mass change. The source voltages is DC-100V, closed contact current are changed from 10, 20, 30A, and an electromagnetic contactor is operated continuously up to 100,000 times at the condition of only mark arc. As a result, the contact resistance becomes small at large closed contact current. The arc duration and the bounce time become small when closed contact current large. The anode contact mass decreases and the cathode side has increased, the direction of mass change is opposite to the break arc. In addition, the electrode mass change per unit arc energy of fixed anode and cathode electrode is almost constant for 10, 20 and 30A.
キーワード (和) 電磁コンタクタ / 電気接点 / アーク継続時間 / 接触抵抗 / アークエネルギー / / ニッケル / 閉成時アーク  
(英) Electromagnetic contactor / Electrical contact / Arc duration / Contact resistance / Arc energy / Ag / Ni / Mark Arc  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 489, EMD2015-105, pp. 25-28, 2016年3月.
資料番号 EMD2015-105 
発行日 2016-02-26 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2016-03-04 - 2016-03-04 
開催地(和) 日本工業大学 (学友会館) 
開催地(英)  
テーマ(和) ショートノート (卒論・修論特集) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2016-03-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電磁コンタクタの諸特性と電極質量変化量への閉成時アークの影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Influences of Make Arc on Various Characteristics and Electrode Mass Change for Electromagnetic Contactor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電磁コンタクタ / Electromagnetic contactor  
キーワード(2)(和/英) 電気接点 / Electrical contact  
キーワード(3)(和/英) アーク継続時間 / Arc duration  
キーワード(4)(和/英) 接触抵抗 / Contact resistance  
キーワード(5)(和/英) アークエネルギー / Arc energy  
キーワード(6)(和/英) / Ag  
キーワード(7)(和/英) ニッケル / Ni  
キーワード(8)(和/英) 閉成時アーク / Mark Arc  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 祐嘉 / Yuuki Takahadhi / ユウキ タカハシ
第1著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 日向野 佑太 / Yuuta Higan / ユウタ ヒガノ
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤 孝一郎 / Koichiro Sawa / サワ コウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 清 / Kiyoshi Yoshida / ヨシダ キヨシ
第4著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 15:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2015-105 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.489 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2016-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会