電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 13:50
多様なロードバランサーを組込み可能なLBaaS(Load Balancer as a Service)の検討
ダワージャルガル オリギル相田 仁東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) クラウドではロードバランサーをサービスとして使うことができるLoad Balancer as a Service(LBaaS)という仕組みが提供されている.LBaaSにおいては様々なロードバランサー手法を提供し,ユーザーはその中から適切なロードバランサーを選択できることが望ましい.しかし現状のLBaaSではRound RobinとLeast Connections手法など限られた手法しか使用可能でない.本研究ではLBaaSにおける多様なロードバランサーをOpenstack上にの提供する方法を考察した.また負荷テーブルを管理する機構と負荷テーブル修正モジュールの仕組みを用いてリクエストの負荷を考慮したロードバランサーを提供する方法を検討し,負荷テーブルを用いたロードバランサーの検証を行った. 
(英) Cloud Services provide Load Balancer as a Service (LBaaS) but it only contains certain load balancing methods. In this paper we will discuss about how to provide various load balancer to cloud user. We will discuss how to provide load balancers including decentralized ones. Also, we propose load table module and load table calibration module to provide load balancer which uses request load. Existing algorithms and an algorithm using load table are implemented and evaluated on top of Openstack.
キーワード (和) クラウドコンピューティング / ロードバランサー / LBaaS / / / / /  
(英) Cloud Computing / Load Balancing / LBaaS / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 484, IN2015-141, pp. 193-198, 2016年3月.
資料番号 IN2015-141 
発行日 2016-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多様なロードバランサーを組込み可能なLBaaS(Load Balancer as a Service)の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of LBaaS(Load Balancer as a Service) which can provide various Load Balancer 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラウドコンピューティング / Cloud Computing  
キーワード(2)(和/英) ロードバランサー / Load Balancing  
キーワード(3)(和/英) LBaaS / LBaaS  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ダワージャルガル オリギル / Davaajargal Orgil / ダワージャルガル オリギル
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 相田 仁 / Aida Hitoshi / アイダ ヒトシ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 13:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-141 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.193-198 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会