お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 13:50
無線ネットワークの可用帯域計測における手法改善の検討
高野陽介小口直樹武藤亮一富士通研)・阿部俊二NII
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年のモバイル端末の増加により、高品質な通信サービスを提供するために無線ネットワークの品質計測の重要性が増々高まっている.その中でもネットワークの可用帯域はWAN高速化技術において,データの送信レート決定するために最も重要なパラメータの1つである.ネットワークの可用帯域を計測する手法として,テストパケットにて計測した送信レートと受信レートの大小比較による2分探索を用いたPathloadがある.ところが無線ネットワークでPathloadを用いると、電波干渉やフェージング等が原因で発生するランダム的なパケットロスが影響して受信レートの一時的な低下が起こり,送受信レートの大小比較にて探索方向誤検出してしまうため,ネットワーク本来の可用帯域を検出することができない.そこで本稿では,可用帯域以上の送信レートでテストパケットを送信することで得られる送信レートとパケットロス率の相関関係に着目した可用帯域計測の改善手法を検討し,提案方式の効果について無線ネットワークを再現した仮想ネットワーク環境において評価した. 
(英) In recent years, the demands on measuring mobile network are increasing to provide high quality network services as mobile devices more increase. The available bandwidth is one of the most parameters to determine sending rate in WAN Optimization. Pathload is the application to measure available bandwidth by binary search by large and small comparison of sending and receiving rate by test packets. But Pathload can’t measure available bandwidth in mobile network accurately because of the false detection of binary search with large and small comparison of sending and receiving rate affected by packet losses by fading and so on. So, we improved method calculating correlation coefficient between sending rate and packet loss rate to measure available bandwidth, and evaluate the effectiveness of improving the accuracy in measuring available bandwidth.
キーワード (和) 無線ネットワーク / 計測 / 可用帯域 / / / / /  
(英) Mobile Network / Measurement / Available Bandwidth / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-234, pp. 381-386, 2016年3月.
資料番号 NS2015-234 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線ネットワークの可用帯域計測における手法改善の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on improvement for measuring available bandwidth in wireless network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線ネットワーク / Mobile Network  
キーワード(2)(和/英) 計測 / Measurement  
キーワード(3)(和/英) 可用帯域 / Available Bandwidth  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 陽介 / Yosuke Takano / タカノ ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: Fujitsu Lab.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小口 直樹 / Naoki Oguchi / オグチ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: Fujitsu Lab.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 武藤 亮一 / Ryoichi Mutoh / ムトウ リョウイチ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
FUJITSU LABORATORIES LTD. (略称: Fujitsu Lab.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 俊二 / Shunji Abe /
第4著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 13:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-234 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.381-386 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会