電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 15:05
サーバ移動サービスにおけるサーバ配置決定アルゴリズムの性能改善
杉山弘道福島行信岡山大)・本吉 彦NEC)・村瀬 勉名大)・横平徳美岡山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) IaaS型クラウドサービスで稼働するネットワークアプリケーション(NW-App)の通信品質を改善するためにサーバ移動サービスが提案されている.このサービスではNW-Appのサーバが稼働できる計算機(WP: Work Place)がネットワーク内に分散配置されており,サーバはより良い通信品質が得られるWPへ移動できる.一方で,サーバが移動する際に発生するトラヒックはその移動経路上の背景トラヒックの通信品質の劣化(NWインパクト)を引き起こす.このため,NW-Appの通信品質とNWインパクトの双方を考慮してサーバ配置を決定することが必要である.従来提案されていたサーバ配置決定アルゴリズム(従来アルゴリズム)では,サーバ数に比してWPの収容可能サーバ数が小さい状況ではNW-Appの通信品質が劣化してしまっていた.本研究では,この問題を解決するために従来アルゴリズムに対して改良を施す.さらに,様々なネットワーク形態での従来アルゴリズムおよび改良アルゴリズムの性能を評価する. 
(英) Server migration service (SMS) has been proposed as an optional service that can improve QoS of communications by network applications (NW-Apps) in IaaS cloud service. In SMS, computers called work places (WPs) are deployed at various locations in the network, and servers of NW-Apps can migrate to WPs where they can attain better QoS. When a server migrates, it generates huge traffic, and consequently causes QoS degradation (NW impact) of the background traffic on the migrating route. A conventional algorithm for a server location decision problem in SMS shows a degradation of NW-App QoS under the situation where capacities of WPs are smaller than the total number of servers. In this paper, in order to solve the problem, we first extend the conventional algorithm. Then, we evaluate performances of the conventional and extended algorithms under various network topologies.
キーワード (和) IaaS型クラウドサービス / サーバ移動サービス / サーバ配置問題 / オンラインアルゴリズム / / / /  
(英) IaaS cloud service / server migration service / server location decision problem / on-line algorithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-253, pp. 493-498, 2016年3月.
資料番号 NS2015-253 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サーバ移動サービスにおけるサーバ配置決定アルゴリズムの性能改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Improvement of an On-line Server Location Decision Algorithm in Server Migration Service 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IaaS型クラウドサービス / IaaS cloud service  
キーワード(2)(和/英) サーバ移動サービス / server migration service  
キーワード(3)(和/英) サーバ配置問題 / server location decision problem  
キーワード(4)(和/英) オンラインアルゴリズム / on-line algorithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 弘道 / Hiromichi Sugiyama / スギヤマ ヒロミチ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 行信 / Yukinobu Fukushima / フクシマ ユキノブ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 本吉 彦 / Gen Motoyoshi / モトヨシ ゲン
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 勉 / Tutomu Murase / ムラセ ツトム
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 横平 徳美 / Tokumi Yokohira / ヨコヒラ トクミ
第5著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 15:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-253 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.493-498 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会