お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 11:40
マイクロブログにおけるアカウントのなりすまし判定の試み
中才恵太朗角田雅照近畿大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,代表的なマイクロブログサービスであるTwitterが広く利用されている.Twitter社はなりすましを防止するため,サービス上で本人であることを保証する,認証済みアカウントを設けている.ただし,全ての著名人が認証済みアカウントを利用しているわけではなく,著名人のアカウントをフォローしようと試みるユーザは,アカウントが本物かどうかを十分に検討する必要がある.なりすましアカウントをフォローすることにより,誤った情報を入手してしまう可能性もある.本稿では,Twitterアカウントのなりすましを判定するアルゴリズムを提案するとともに,アルゴリズムの有効性を確かめるために,簡易な実験を行った.その結果,本人であるか疑わしいアカウント2個と,認証済みでないが本人であるアカウント2個を正しく判定できた. 
(英) Recently, microblog services such as Twitter are widely used. To prevent spoofing, Twitter provides verified account service which assures the account is not spoofing. However, not every famous people use verified account, and hence when a user tries to follow an account of a famous person, he/she should check whether the account is spoofing or not. If he/she follows spoofing account, he/she may believe fake information. This study proposes new algorithm which discriminate spoofing accounts, and performed a case study to evaluate the algorithm. As a result, the algorithm discriminated spoofing accounts and true accounts.
キーワード (和) 偽装アカウント / Twitter / フォロワー / 判別 / / / /  
(英) Imitation account / Twitter / follower / discrimination / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 484, IN2015-138, pp. 177-182, 2016年3月.
資料番号 IN2015-138 
発行日 2016-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マイクロブログにおけるアカウントのなりすまし判定の試み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Preliminary Study of Identifying Spoofing Accounts on Microblog 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 偽装アカウント / Imitation account  
キーワード(2)(和/英) Twitter / Twitter  
キーワード(3)(和/英) フォロワー / follower  
キーワード(4)(和/英) 判別 / discrimination  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中才 恵太朗 / Keitaro Nakasai / ナカサイ ケイタロウ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 角田 雅照 / Masateru Tsunoda / ツノダ マサテル
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-138 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.177-182 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会