電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 13:50
クエリ情報に基づくルーティングによる分散キーバリューストアの負荷軽減法
佐久間 崇大山勝徳西園敏弘日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 分散キーバリューストアのサーバ負荷を軽減する方法を提案する.サーバをオープンフロースイッチで接続し, ハッシュテーブルの情報をフローテーブルに配置する.宛先アドレスに設定されたクエリキーのハッシュ値により,データを担 当するサーバに直接転送する.ダイレクトサーバリターンの技術を利用することで,宛先アドレスが異なるクエリに対して,TCP コネクションの設定を可能とする.クエリ情報に基づくルーティング手法の提案方式を Cassandra に適用した場合の負荷低減の 効果を示す. 
(英) This paper proposes a method for reducing processing workload on the servers in distributed key-value stores. The servers are accommodated with OpenFlow switches. hash table information is implemented in the flow tables corresponding to the OpenFlow switches. By reference with a hash value for the query key hash value in the destination IP address field, each query is directly transferred to the data store server. Techniques in the Direct Server Return (DSR) are employed for enabling TCP connection setup for each SYN message with the different destination IP address. The load reduction effect is shown in applying the method to Cassandra widely used open source of key-value stores.
キーワード (和) 分散キーバリューストア / ダイレクトサーバリターン / Cassandra / / / / /  
(英) distributed key-value stores / Direct Server Return / Cassandra / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-242, pp. 429-434, 2016年3月.
資料番号 NS2015-242 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クエリ情報に基づくルーティングによる分散キーバリューストアの負荷軽減法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Load Reduction method for Distributed Key-Value Stores Using Query Information Based Routing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分散キーバリューストア / distributed key-value stores  
キーワード(2)(和/英) ダイレクトサーバリターン / Direct Server Return  
キーワード(3)(和/英) Cassandra / Cassandra  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐久間 崇 / Takashi Sakuma / サクマ タカシ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大山 勝徳 / Katsunori Oyama / オオヤマ カツノリ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西園 敏弘 / Toshiro Nishizono /
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 13:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-242 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.429-434 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会