電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 15:25
配信中データ情報に着目したハンドオーバ法
佐古田健志村上貴臣土井裕介石山政浩前田賢一東芝
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 多機能な携帯端末が普及したことでユーザのコンテンツダウンロード量が増加し,トラフィックの増加が移動体通信回線の無線帯域逼迫を招いている.我々は,移動体通信回線を用いずに端末間で直接通信する携帯端末間通信技術に着目して,無線帯域の逼迫を抑制する高信頼なデータ配信技術の検討を行っている.提案するハンドオーバ法は,データ配信技術における配信中データ情報を用いて,ハンドオーバする端末が必要とするデータを受信するまでの時間が最小となる基地局に接続できる.100台の端末が存在する環境を想定した計算機シミュレーションを実施し,提案するハンドオーバ法は80%の端末への配信に要する時間をハンドオーバ法未適用の場合に比べて最大約77%短縮できることを確認した. 
(英) Increasing cellular download traffic by smartphones causes spectrum crisis. We are studying a high reliability data distribution protocol using peer-to-peer communication. However, it has a problem that it takes longer time if a node with weak connection existed. In this paper, we propose a handover method to associate a station with weak connection to a better access point which immediately sends data required by the station. The result of simulations show maximum 77% reduction in time required for data distribution.
キーワード (和) 無線LAN / インフラストラクチャモード / マルチキャスト / ハンドオーバ / / / /  
(英) Wi-Fi / Infrastructure mode / Multicast / Handover / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-258, pp. 523-528, 2016年3月.
資料番号 NS2015-258 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 配信中データ情報に着目したハンドオーバ法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A handover method focused on distribution data information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wi-Fi  
キーワード(2)(和/英) インフラストラクチャモード / Infrastructure mode  
キーワード(3)(和/英) マルチキャスト / Multicast  
キーワード(4)(和/英) ハンドオーバ / Handover  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐古田 健志 / Taleshi Sakoda / サコダ タケシ
第1著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
TOSHIBA Corporation (略称: TOSHIBA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 貴臣 / Takaomi Murakami / ムラカミ タカオミ
第2著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
TOSHIBA Corporation (略称: TOSHIBA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 土井 裕介 / Yusuke Doi / ドイ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
TOSHIBA Corporation (略称: TOSHIBA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石山 政浩 / Masahiro Ishiyama / イシヤマ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
TOSHIBA Corporation (略称: TOSHIBA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 賢一 / Kenichi Maeda / マエダ ケンイチ
第5著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: 東芝)
TOSHIBA Corporation (略称: TOSHIBA)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 15:25:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-258 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.523-528 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会