お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 13:30
群衆による端末密集ネットワークにおけるBluetooth MANETのパフォーマンスの実験的評価
村上龍馬河野英太郎角田良明広島市大)・Bjorn ScheuermannHumboldt University of Berlin
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Bluetooth MANET は比較的狭いエリアのネットワークにおいて,スマートフォンなど消費電力が問題に
なる場合に適した通信方式である.一般にMANET のパフォーマンスを計測する場合には,過去の知見にもとづき,
ある端末の無線到達範囲を基準にした一定範囲での端末密度をもとにその有効性を議論されている.しかし,実際に
MANET が用いられる場面では,そのような端末密度の限定はできない.特に事故などにつながりかねない群衆によ
る端末密集状態でのネットワークでは,Wi-Fi のような比較的広い範囲に電波が届く通信方式ではパフォーマンスが
下がってしまうことが想定される.我々は,Bluetooth MANET の挙動を模擬するシミュレータを作成し,群衆がも
つスマートフォンによる端末密集ネットワークにおけるデータ到達率などのパフォーマンスを計測した.その結果,
高度に密集するネットワークでは,Wi-Fi によるMANET に対し,Bluetooth MANET ではデータ到達率などが改善
できることをシミュレーション実験により確かめた. 
(英) Bluetooth MANETs are a communication method for networks within a small area and with a tight
energy budget, for instance based on smartphones. In previous work, the performance of MANETs has been dis-
cussed for a range of different network densities. For extremely high device densities in very crowded networks,
though, WiFi-based MANETs suffer from performance degradation due to relatively high communication ranges
and therefore a high rate of collisions. Moreover, in a realistic MANET scenario, one must take effects into account
which are not solely determined by the density. In order to assess and discuss the abovementioned issues, we imple-
mented a simulation model for Bluetooth MANETs in the network simulator QualNet, and measured the achieved
performance. We found that under the considered conditions the performance of Bluetooth MANETs is superior to
WiFi-based MANETs.
キーワード (和) Bluetooth MANET / 端末密集ネットワーク / 群集 / / / / /  
(英) Bluetooth MANET / Highly dense networks / People crowds / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-233, pp. 375-380, 2016年3月.
資料番号 NS2015-233 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 群衆による端末密集ネットワークにおけるBluetooth MANETのパフォーマンスの実験的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simulative Evaluation of the Performance of Bluetooth MANETs in Highly Dense Networks of People Crowds 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Bluetooth MANET / Bluetooth MANET  
キーワード(2)(和/英) 端末密集ネットワーク / Highly dense networks  
キーワード(3)(和/英) 群集 / People crowds  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 龍馬 / Ryoma Murakami / ムラカミ リョウマ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City University)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 英太郎 / Eitaro Kohno / コウノ エイタロウ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 角田 良明 / Yoshiaki Kakuda / カクダ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Bjorn Scheuermann / Bjorn Scheuermann /
第4著者 所属(和/英) Humboldt University of Berlin (略称: Humboldt University of Berlin)
Humboldt University of Berlin (略称: Humboldt University of Berlin)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-233 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.375-380 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会