電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 10:10
IoT/M2M時代に向けたNWスライス手法の有効性評価の検討
松本 実平井弘実東條琢也高谷直樹NTTNS2015-211
抄録 (和) IoT/M2M時代には、大容量かつミッションクリティカル性の高い通信から簡易なセンサ通信まで通信の形態が多様化することが予想される。近年、IoT/M2Mのような極端に通信要件が異なる端末を効率的にNWに収容する手法としてNWスライスが注目されているが、その実現方法は具体化されていない。
本稿では、通信特性に応じてNW機能を再構成する手法を提案し、NWスライスの機能配備の評価を行うことで提案手法の有効性を確認した。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) IoT/M2M / NWスライス / 遅延 / 移動性 / NW機能再構成 / / /  
(英) IoT/M2M / NW slicing / latency / mobility / NW functional re-configurations / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-211, pp. 249-254, 2016年3月.
資料番号 NS2015-211 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2015-211

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IoT/M2M時代に向けたNWスライス手法の有効性評価の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Effectiveness Evaluation on Proposed Network Slicing methods toward IoT/M2M Era 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT/M2M / IoT/M2M  
キーワード(2)(和/英) NWスライス / NW slicing  
キーワード(3)(和/英) 遅延 / latency  
キーワード(4)(和/英) 移動性 / mobility  
キーワード(5)(和/英) NW機能再構成 / NW functional re-configurations  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 実 / Minoru Matsumoto / マツモト ミノル
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平井 弘実 / Hiromi Hirai / ヒライ ヒロミ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東條 琢也 / Takuya Tojo / トウジョウ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高谷 直樹 / Naoki Takaya / タカヤ ナオキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-211 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.249-254 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会