電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 09:30
OpenStackを用いた仮想マシン配置論理の統合的実装方式
矢田貴洋上田清志日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ネットワークを介して提供されるサービスの種類が多様化・増加している.例えば,近年,NFVが注目されており,ネットワーク技術をVMによって仮想化しクラスタを構成することが考えられる.高信頼性や保守性・災害対策などの面から,VMの配置先のサーバの選択には様々な要件が求められる.本論文では,OpenStackを用いたデータセンタ等の大規模サーバクラスタにおけるVM管理環境において,VMを物理サーバ性能・データセンタ単位で選択論理の実現を容易にする技術を確立する.また,機能を実装し実際のOpenStack環境で動作させ,そのフィージビリティを確認した. 
(英) The services which are provided through networks are diversifying and increasing. NFV is attracted in recent years, it is considered to virtualize network technologies using VMs and constitute server clusters. High reliability, maintainability, or disaster countermeasures, have various requirements for VMs allocation. In this paper, We establish technologies which easily implement logic that selects server from server performances and locations. We implemented proposed functions, operated on an OpenStack environment, and verified feasibility of these functions.
キーワード (和) 仮想化 / IaaS / OpenStack / 仮想マシン / / / /  
(英) Virtualization / IaaS / OpenStack / VM / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-209, pp. 237-242, 2016年3月.
資料番号 NS2015-209 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OpenStackを用いた仮想マシン配置論理の統合的実装方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation of Integrated Virtual Machine Allocation Method using OpenStack 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 仮想化 / Virtualization  
キーワード(2)(和/英) IaaS / IaaS  
キーワード(3)(和/英) OpenStack / OpenStack  
キーワード(4)(和/英) 仮想マシン / VM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢田 貴洋 / Takahiro Yada / ヤダ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 清志 / Kiyoshi Ueda / ウエダ キヨシ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-209 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.237-242 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会