お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 15:05
高信頼課金を実現するスケーラブルなセンサデータ取引プラットフォーム
竹村直也沓澤 遼山下 玲松本 隼山中直明慶大)・末田欣子小池 新NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,存在する全ての物理デバイスがインターネットに接続され,デバイス間で通信を行うことで相互制御や新たなサービスの提供を実現を果たす IoT (Internet of Things) が注目を集めている.
今後は,カメラや温度計等多種多様なセンサを含む IoT デバイスのリアルタイムデータの活用や売買が大きな市場になると予測される.しかし,現在ではデータを売買可能なプラットフォームが一般的ではなく,IoT デバイスのデータを有効活用するためには課金管理可能な IoT プラットフォームの構築が必要となる.本論文では,リアルタイムに希望データの入手,公正な課金を可能とする IoT データ取引プラットフォームを提案する.IoT 時代での利用が期待されるプロトコルとして MQTT(Message Queue Telemetry Transport) と WebRTC(Web Real-Time Communication) が挙げられる.IoT に適する MQTT は中央集中型のアーキテクチャであるため,デバイス数やデータサイズの増加に伴うプラットフォームを構成するサーバ負荷の増大が問題となる.P2P 通信によるデータ取引を可能とする WebRTC ではサーバ負荷の大幅な削減が期待される反面,課金の困難さが課題として挙げられる.そこで, WebRTC に P2P で取引されるデータに対する課金機能をそれぞれ追加拡張して課金情報の管理可能なプラットフォームを提案する.提案したプラットフォームを用いて実際にデータ取引および課金を行い,レイテンシーと課金の整合性について結果を示す. 
(英) Recently, the IoT (Internet of Things) is attracting a considerable attention.IoT is an idea of connecting all physical devices to the Internet and allowing them to communicate with each other in order to achieve mutual controls or to provide new services.In the future, it is expected that real-time data items acquired from various IoT sensors such as cameras and thermometers will be on the market.However, a real-time data transaction platform which supports fair and reliable billing is yet to be developed.MQTT (Message Queue Telemetry Transport) and WebRTC (Web Real-Time Communication) are two protocols considered eligible for use in IoT era.However, because MQTT adopts centralized architecture, the central server may suffer from large load due to the increase in the number of IoT devices or the size of each data item.On the other hand, WebRTC, which achieves scalability by supporting P2P transactions, has a problem with fair billing of participating users.Therefore, in this paper, we propose an IoT data transaction platform using extended WebRTC protocol which enables real-time transactions and fair billing of participating users.
キーワード (和) データ取引プラットフォーム / WebRTC / MQTT / IoT / / / /  
(英) データ取引プラットフォーム / WebRTC / MQTT / IoT / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-257, pp. 517-522, 2016年3月.
資料番号 NS2015-257 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高信頼課金を実現するスケーラブルなセンサデータ取引プラットフォーム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Scalable Sensor Data Transaction Platform with Reliable Accounting 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) データ取引プラットフォーム / データ取引プラットフォーム  
キーワード(2)(和/英) WebRTC / WebRTC  
キーワード(3)(和/英) MQTT / MQTT  
キーワード(4)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹村 直也 / Naoya Takemura / タケムラ ナオヤ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 沓澤 遼 / Ryo Kutsuzawa / クツザワ リョウ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 玲 / Akira Yamashita / ヤマシタ アキラ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 隼 / Jun Matsumoto / マツモト ジュン
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 直明 / Naoaki Yamanaka / ヤマナカ ナオアキ
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 末田 欣子 / Yoshiko Sueda / スエダ ヨシコ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 新 / Arata Koike / コイケ アラタ
第7著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 15:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-257 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.517-522 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会