お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 14:20
多出力ニューロンMOSカレントミラーに用いるキャリブレーション回路の検討
中山恭綺野口卓朗佐賀大)・清水暁生有明高専)・深井澄夫佐賀大MW2015-211 ICD2015-134 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2015-211 ICD2015-134
抄録 (和) 我々の研究室では低電源電圧で動作する14 bitカレントステアリング型D/A変換器(DAC)に関する研究を行っており,電流源として多出力ニューロンMOSカレントミラー(nCM)を用いる方法を提案している.nCMはnMOSFETとトランスインピーダンスアンプを組み合わせた回路であり,低電圧で動作し高い電流ミラー精度を実現できる.しかし,nCMに用いるnMOSFETの閾値電圧がばらつくと電流ミラー精度が大きく劣化してしまう.そこで本研究では,多出力CMの出力電流を利用するキャリブレーション回路を提案し,シミュレーションにより動作を確認した. 
(英) In our laboratory, 14 bit current steering Digital to Analog Converter (DAC) that operates at a low voltage is studied. In the 14 bit current steering DAC, it is necessary to use a multiple output Neuron MOS Current Mirror (CM) as a current sources. However, the current mirror accuracy of a multiple output CM is decreased by the fluctuation of a threshold voltage of MOSFET. In this paper, we proposed the calibration circuit using the output current of multiple output CM.
キーワード (和) ニューロンMOSカレントミラー / 電流ミラー精度 / キャリブレーション回路 / / / / /  
(英) Neuron MOS Current Mirror / Current Mirror Accuracy / Calibration Circuit / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 477, ICD2015-134, pp. 211-215, 2016年3月.
資料番号 ICD2015-134 
発行日 2016-02-24 (MW, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2015-211 ICD2015-134 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2015-211 ICD2015-134

研究会情報
研究会 ICD MW  
開催期間 2016-03-02 - 2016-03-04 
開催地(和) 広島大学 
開催地(英) Hiroshima University 
テーマ(和) マイクロ波集積回路/一般 
テーマ(英) Microwave Integrated Circuit / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2016-03-ICD-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多出力ニューロンMOSカレントミラーに用いるキャリブレーション回路の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of the Calibration Circuit Used for Multiple Output Neuron MOS Current Mirror 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ニューロンMOSカレントミラー / Neuron MOS Current Mirror  
キーワード(2)(和/英) 電流ミラー精度 / Current Mirror Accuracy  
キーワード(3)(和/英) キャリブレーション回路 / Calibration Circuit  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 恭綺 / Noriki Nakayama / ナカヤマ ノリキ
第1著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 卓朗 / Takuro Noguchi / ノグチ タクロウ
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 暁生 / Akio Shimizu / シミズ アキオ
第3著者 所属(和/英) 有明工業高等専門学校 (略称: 有明高専)
National Institute of Technology, Ariake College (略称: Ariake College)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 深井 澄夫 / Sumio Fukai / フカイ スミオ
第4著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-MW2015-211,IEICE-ICD2015-134 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.476(MW), no.477(ICD) 
ページ範囲 pp.211-215 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MW-2016-02-24,IEICE-ICD-2016-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会