お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 15:45
統計的手法を用いた損失率シミュレーション方法における損失率の補正 ~ MMPP/M/1/K待ち行列における評価結果 ~
豊島 鑑NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 入力するトラヒックの形態やバッファ量に応じてネットワーク内で発生する損失率の特性を把握しておくことは,映像ストリームの多地点配信などの設計や運用において重要である.そのための手段として,モンテカルロシミュレーションは現在も有効な手段の一つである.しかしながら,これまでの文献に述べられているように,MCシミュレーションの終了方法,すなわち,どの時点で得られた値を損失率とすべきかを示す指標は,これまで明らかにされていなかった.そこで,統計的手法を用いた方法を提案し,評価結果を発表した.本稿では,提案方法で求められた損失率をさらに補正する必要性とその方法を述べ,MMPP/M/1/K待ち行列を対象にした評価結果を報告する. 
(英) It is very important to grasp the characteristics of packet loss against traffic form and buffer size in network planning and operation of multicasting video stream. Monte Carlo simulation is one of the effective methods to do it. However, it is not clear when the simulation should be stopped to get loss ratio. I proposed a new simulation method of loss ratio using statistical techniques and reported evaluation results. In this paper, a loss ratio adjustment of the proposed simulation method is proposed and evaluation results for MMPP/M/1/K are reported.
キーワード (和) 損失率の補正 / モンテカルロシミュレーション / 統計的手法 / χ2検定 / MMPP/M/1/K / / /  
(英) Loss Ratio adjustment / Monte Carlo simulation / statistical technique / chi-square test / MMPP/M/1/K / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 484, IN2015-150, pp. 247-252, 2016年3月.
資料番号 IN2015-150 
発行日 2016-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 統計的手法を用いた損失率シミュレーション方法における損失率の補正 
サブタイトル(和) MMPP/M/1/K待ち行列における評価結果 
タイトル(英) Proposal of Loss Ratio Adjustment for the Simulation Method Using Statistical Techniques 
サブタイトル(英) Evaluation Results of Loss Ratio for MMPP/M/1/K queue 
キーワード(1)(和/英) 損失率の補正 / Loss Ratio adjustment  
キーワード(2)(和/英) モンテカルロシミュレーション / Monte Carlo simulation  
キーワード(3)(和/英) 統計的手法 / statistical technique  
キーワード(4)(和/英) χ2検定 / chi-square test  
キーワード(5)(和/英) MMPP/M/1/K / MMPP/M/1/K  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊島 鑑 / Kan Toyoshima /
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 15:45:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-150 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.247-252 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会