電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 09:30
フロンティア法によるノードの故障も考慮したネットワーク信頼性評価手法の提案
園田晃己川原 純奈良先端大)・井上 武NTT)・笠原正治奈良先端大)・明石 修川原亮一斎藤 洋NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ネットワークの各リンクに静的な故障確率が設定されている場合に,指定された2頂点間が通信可能である確率を求める問題をネットワーク信頼性評価という.
本研究では,リンクだけでなく,ノードにも故障確率が設定されている場合のネットワーク信頼性評価について考える.
信頼性評価の確率の厳密計算手法として,二分決定グラフ (BDD) の構築による計算法が広く用いられている.
本研究では,ネットワークグラフをハイパーグラフに変換することで,直接BDDを構築するアルゴリズムを提案し,提案アルゴリズムの理論的な計算時間の評価を行う.
またリンクとノードの効率の良い処理の順を提案し,処理順序を考慮した改良アルゴリズムの計算時間とメモリ使用量が削減されることを計算機実験で示す. 
(英) In a network reliability evaluation, it is a problem to compute the probability that two specified nodes can communicate with each other in a given network, where each link breaks down with a some probability.
This paper is concerned with the network reliability evaluation in which switch failures also occur with some probabilities.
Binary Decision Diagrams (BDDs) are widely used for computing the strict probability of the reliability.
In this study, an algorithm directly constructing a BDD on the hypergraph converted from the input network graph is proposed.
A theoretical analysis of the algorithm is presented.
By appropriately determining the order of processing links and nodes, it is shown that the proposed method reduces the computation time and the memory usage by numerical experiments.
キーワード (和) 二分決定グラフ / ネットワーク信頼性 / ノード故障 / ハイパーグラフ / / / /  
(英) Binary decision diagram / network reliability / switch failure / hypergraph / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-213, pp. 261-266, 2016年3月.
資料番号 NS2015-213 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フロンティア法によるノードの故障も考慮したネットワーク信頼性評価手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluating connectivity on physical networks with switch failures 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 二分決定グラフ / Binary decision diagram  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク信頼性 / network reliability  
キーワード(3)(和/英) ノード故障 / switch failure  
キーワード(4)(和/英) ハイパーグラフ / hypergraph  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 園田 晃己 / Koki Sonoda / ソノダ コウキ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 純 / Jun Kawahara / カワハラ ジュン
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 武 / Takeru Inoue / イノウエ タケル
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠原 正治 / Shoji Kasahara / カサハラ ショウジ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 明石 修 / Osamu Akashi / アカシ オサム
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 亮一 / Ryoichi Kawahara / カワハラ リョウイチ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 洋 / Hiroshi Saito / サイトウ ヒトシ
第7著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-213 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.261-266 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会