お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 13:20
首都圏のDTVに対応した500MHz帯微弱電力レクテナ
古田貴大伊藤元希南保 尚伊東健治野口啓介井田次郎金沢工大MW2015-209 ICD2015-132 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2015-209 ICD2015-132
抄録 (和) 本報告では,首都圏の地上波デジタル放送に対応する500MHz帯微弱電力レクテナの試作結果およびフィールド試験結果を報告する.ここではコッククロフト・ウォルトン整流回路(段数:1, 2)に高インピーダンス折返しダイポールアンテナを接続し,レクテナを構成している.標準ダイポールアンテナでの受信電力を基準としたレクテナの整流特性を評価し,-15dBm入力時に整流効率48.9%(1段),43.1%(2段),-30dBm入力時に8.2%(1段),6%(2段)を得ている.また,首都圏でのフィールド試験により,東京スカイツリーから25km地点で出力電圧として0.17V(1段),0.22V(2段)を得ている. 
(英) In this paper, the 500MHz band low power rectennas for DTV in Tokyo metropolitan area are described. The rectenna is consisting of the Cockcroft-Walton rectifier (1stage, 2atages) and the high-impedance folded dipole antenna for the higher output voltage. The developed rectenna achieves the rectification efficiency of 43.7%(1stage) and 22.1%(2stages) at -15dBm of the input power. Also experimental results in Tokyo metropolitan area indicate the output DC voltage of 0.17V@25km (1stage), 0.22V@25km (2stages).
キーワード (和) レクテナ / コッククロフト・ウォルトン形整流回路 / SBD / / / / /  
(英) Rectifier / Cockcroft-Walton type rectifier / Rectenna / SBD / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 476, MW2015-209, pp. 201-206, 2016年3月.
資料番号 MW2015-209 
発行日 2016-02-24 (MW, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2015-209 ICD2015-132 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2015-209 ICD2015-132

研究会情報
研究会 ICD MW  
開催期間 2016-03-02 - 2016-03-04 
開催地(和) 広島大学 
開催地(英) Hiroshima University 
テーマ(和) マイクロ波集積回路/一般 
テーマ(英) Microwave Integrated Circuit / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2016-03-ICD-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 首都圏のDTVに対応した500MHz帯微弱電力レクテナ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The 500MHz band low power rectenna for DTV in Tokyo metropolitan area 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) レクテナ / Rectifier  
キーワード(2)(和/英) コッククロフト・ウォルトン形整流回路 / Cockcroft-Walton type rectifier  
キーワード(3)(和/英) SBD / Rectenna  
キーワード(4)(和/英) / SBD  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古田 貴大 / Takahiro Furuta / フルタ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 元希 / Motoki Ito / イトウ モトキ
第2著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 南保 尚 / Nao Nambo / ナンボ ナオ
第3著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 健治 / Kenji Itoh / イトウ ケンジ
第4著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 啓介 / Keisuke Noguchi / ノグチ ケイスケ
第5著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 井田 次郎 / Jiro Ida / イダ ジロウ
第6著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 13:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2015-209,IEICE-ICD2015-132 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.476(MW), no.477(ICD) 
ページ範囲 pp.201-206 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2016-02-24,IEICE-ICD-2016-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会