お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 10:50
[招待講演]IoT時代の設計課題
小野寺秀俊京大MW2015-206 ICD2015-129 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2015-206 ICD2015-129
抄録 (和) Internet of Things (IoT)時代の集積回路について、集積回路の開発トレンドを示すいくつかの経験則から予測する。参考にする経験則は、指数関数的な集積規模の増大を予測するMoore's Law、標準化指向とカスタム化指向の周期的な繰り返しを予測するMakimoto's Wave、ほぼ10年ごとに新たな計算機構の誕生を予測するBell's Lawである。これらの予測とIoTの具体例ならびにInternational Technology Roadmap for Semiconductors (ITRS)での予測に基づいて、IoT時代の設計課題について考察する。これらの課題の中から消費エネルギーの低減化と動作信頼性の向上をとりあげ、その達成手法について検討する。具体的取組の例としては、講演者らのグループによる
Dependalbe VLSI Platform について紹介する。 
(英) The talk stars by the exploration of integrated circuits in the era of IoT predicted by empirical laws that have been correctly predicting the trend. These laws include the Moore's law for exponential growth of integration scale, the Makimoto's wave for 10-year cycles of standardization and customization, and the Bell's law for the birth and death of computer classes. Then, based on a few examples of IoT applications, together with the predictions of ITRS, design challenges in the era of IoT will be reviewed. Among them, this talk will focus on energy and reliability challenges and address possible solutions. The key for energy reduction is supply and threshold voltage scaling. A practical scaling strategy will be explained. For a reliable system with soft error resilience, we have been developing a dependable-VLSI platform. A key concept of the platform will be explained followed by a demonstration of the robustness against soft-errors.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 477, ICD2015-129, pp. 187-187, 2016年3月.
資料番号 ICD2015-129 
発行日 2016-02-24 (MW, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2015-206 ICD2015-129 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2015-206 ICD2015-129

研究会情報
研究会 ICD MW  
開催期間 2016-03-02 - 2016-03-04 
開催地(和) 広島大学 
開催地(英) Hiroshima University 
テーマ(和) マイクロ波集積回路/一般 
テーマ(英) Microwave Integrated Circuit / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2016-03-ICD-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IoT時代の設計課題 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design Challenges and Solutions in the era of IoT 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野寺 秀俊 / Hidetoshi Onodera / オノデラ ヒデトシ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 10:50:00 
発表時間 40 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-MW2015-206,IEICE-ICD2015-129 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.476(MW), no.477(ICD) 
ページ範囲 p.187 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-MW-2016-02-24,IEICE-ICD-2016-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会