電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 10:40
Mobile Edge Computingを利用したインフラ型車両制御システム ~ 通信異常時の走行性能評価 ~
佐々木健吾鈴木有也牧戸知史豊田中研)・中尾彰宏東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 現在の車の自動運転は高性能なセンサを搭載して実現する自律制御で, 一台の車両でセンシングできる情報が限られるため,センサで検知できない危険を回避することができない.我々はクラウドから車両の走行制御を行う「インフラ型車両制御システム」を提案しており,一箇所から全車両のセンサ情報を収集および走行制御を行うことで,広範囲の危険を回避することができる.しかし,クラウドから走行制御を行うため,インターネット上のトラフィック集中による輻輳に起因する予期できない遅延やパケットロスが大きな課題になる.本研究では, インフラ型車両制御システムにMobile-Edge Computingを応用し, クラウドとエッジサーバが連携して車両の走行制御を実現する.マイクロカーを用いたプロトタイプ実装を行い, ネットワーク異常が発生した際の車両の走行制御の精度の変化について評価する.結果として,クラウドによる走行制御では,ネットワーク異常により走行制御の精度が低下し,エッジサーバによるで走行制御では,ネットワーク異常を回避し走行制御の精度を維持できることを示す. 
(英) Autonomous cars equipped with rich sensors can get little sensor information around themselves. We have proposed "Infrastructure-based vehicle control system", which aggregates sensor information from vehicles and controls vehicles from the cloud. Although, it can avoid a wide range of warning, it has to process various network problem derived from Internet. In this paper, we apply Mobile-Edge Computing(MEC) to "Infrastructure-based vehicle control system". We implement a prototype system with micro-cars and evaluate the accuracy of vehicle control in case of network anomalies. As a result, we show that long latency reduce the accuracy of vehicle control from the cloud and vehicle control from the edge-server can retain high accuracy in spite of long latency.
キーワード (和) MEC / ネットワーク仮想化 / 自動運転 / / / / /  
(英) Mobile-Edge Computing / Network Virtualization / Autonomous Driving / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-224, pp. 323-328, 2016年3月.
資料番号 NS2015-224 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Mobile Edge Computingを利用したインフラ型車両制御システム 
サブタイトル(和) 通信異常時の走行性能評価 
タイトル(英) Vehicle Control System based on Mobile-Edge Computing 
サブタイトル(英) Evaluation of driving performance in the case of network error 
キーワード(1)(和/英) MEC / Mobile-Edge Computing  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク仮想化 / Network Virtualization  
キーワード(3)(和/英) 自動運転 / Autonomous Driving  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 健吾 / Kengo Sasaki / ササキ ケンゴ
第1著者 所属(和/英) 株式会社豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
TOYOTA Central R&D Labs., Inc. (略称: TCRDL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 有也 / Naoya Suzuki / スズキ ナオヤ
第2著者 所属(和/英) 株式会社豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
TOYOTA Central R&D Labs., Inc. (略称: TCRDL)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧戸 知史 / Satoshi Makido / マキド サトシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
TOYOTA Central R&D Labs., Inc. (略称: TCRDL)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao / ナカオ アキヒロ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: UT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-224 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.323-328 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会