電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 13:30
ビデオ配信時のバッファリング戦略の違いによる移動通信品質の予測精度評価
野辺 誠・○金井謙治甲藤二郎早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 移動環境下では,通信品質の変動が激しいため,通信品質予測において通信品質の収集頻度が重要になる.本稿では,ビデオ配信時のバッファリング戦略に着目し,異なる戦略で収集される通信品質履歴を活用した際の通信品質予測に与える影響を評価する.今回の実験環境下では,ビデオの補充間隔が低頻度(30秒間隔),高頻度(2秒間隔)によらず,得られる通信品質の類似度は高く,いずれの場合も高精度で予測ができることが分かった. 
(英) Appropriate history data collection (e.g., throughput) is important for mobile throughput prediction because communication quality is easily degraded in mobile networks. Therefore, in this paper, we evaluate prediction accuracies achieved by different time-series data observed by different video buffering strategies. In this evaluation, we collect throughput history data by changing video buffering interval: long (30s), middle (10s) and short (2s) intervals. Although observed throughputs are fluctuated in all scenarios, throughput behaviors are similar, and throughput can be predicted with high accuracy regardless of buffering strategies.
キーワード (和) 通信品質予測 / モバイルユーザ / ビデオ配信 / バッファリング戦略 / / / /  
(英) Throughput prediction / Mobile user / Video delivery / Buffering strategy / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-237, pp. 399-403, 2016年3月.
資料番号 NS2015-237 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ビデオ配信時のバッファリング戦略の違いによる移動通信品質の予測精度評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prediction Accuracy Evaluations of Mobile Throughput Achieved by Different Video Buffering Strategies 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 通信品質予測 / Throughput prediction  
キーワード(2)(和/英) モバイルユーザ / Mobile user  
キーワード(3)(和/英) ビデオ配信 / Video delivery  
キーワード(4)(和/英) バッファリング戦略 / Buffering strategy  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野辺 誠 / Makoto Nobe / ノベマ コト
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 謙治 / Kenji Kanai / カナイ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-237 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.399-403 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会