電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 11:20
センサネットワークにおけるエッジ探索型データ収集方式のためのエッジ決定メッセージ削減手法
板倉重和見越大樹西園敏弘竹中豊文日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) エッジ探索型データ収集を行うセンサネットワークにおいて,エッジノードを決定するためのメッセージ数を削減する方法を提案する.イベントを検知したノードは,観測値に応じたタイマを始動させ,タイマがタイムアウトしたノードからエッジノード決定のためのメッセージを隣接ノードに送信する.この際,隣接ノードからメッセージを受信したノードは,タイマを停止させることでメッセージ送信を抑制する.これにより,交換されるメッセージ数を削減できノードの消費電力を低減できる.シミュレーション評価により,メッセージ数と消費電力量およびエッジノード決定精度を比較し,提案方式の有効性を示す. 
(英) We propose a novel method to reduce the number of message for edge decision in wireless sensor networks using data collecting edge searching. Event detection node starts a timer using the observed value, and it sends a message for edge node decision from a node when the timer is timed out. Nodes receiving the message from a neighbor node stop the timer. Therefore, the proposed method is possible to reduce the number of messages exchanged between the neighbor nodes, and it is possible to reduce the power consumption of the node. We show the availability of the proposed method by comparing edge node determination accuracy, the power consumption, and the number of messages, by simulation.
キーワード (和) イベント駆動型センサネットワーク / エッジ探索 / メッセージ削減 / 省電力化 / / / /  
(英) Event driven wireless sensor network / Edge searching / Message reduction / Power saving / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-222, pp. 313-316, 2016年3月.
資料番号 NS2015-222 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) センサネットワークにおけるエッジ探索型データ収集方式のためのエッジ決定メッセージ削減手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Edge Decision Message Reduction Method for Data Collecting Scheme with Edge Searching in Wireless Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) イベント駆動型センサネットワーク / Event driven wireless sensor network  
キーワード(2)(和/英) エッジ探索 / Edge searching  
キーワード(3)(和/英) メッセージ削減 / Message reduction  
キーワード(4)(和/英) 省電力化 / Power saving  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 板倉 重和 / Shigekazu Itakura / イタクラ シゲカズ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 見越 大樹 / Taiju Mikoshi / ミコシ タイジュ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西園 敏弘 / Toshihiro Nishizono / ニシゾノ トシヒロ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹中 豊文 / Toyofumi Takenaka /
第4著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-222 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.313-316 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会