電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 13:50
逐次干渉除去を考慮した無線アクセス制御に関する検討
萬代雅希上智大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 逐次干渉除去(SIC: Successive Interference Cancellation)は,繰り返し干渉除去を行うことで複数ノードからのパケット受信を可能にする無線物理層技術である.SICは無線物理層技術としてよく知られた技術であるが,SICを用いることで,メディアアクセス(MAC)層やネットワーク層といった上位層にどのような影響を与えるか,もしくは,SICによる効果を高める上位層プロトコルの設計に関しては,十分な検討がなされていない.本稿では,$N$ノードによる同時送信時におけるSICの適用を考慮した際のデータ送信完了時間およびスループットを導出し,SICを用いた無線ネットワークの有効性および適用領域を数値計算により考察する. 
(英) Successive interference cancellation (SIC) is a wireless physical layer technique, which can realize multiple packet receptions from multiple nodes by means of iterative interference cancellations. SIC is a well-known physical layer technique, however, we do not have enough findings about how the SIC technique affects the performance of upper layer protocols such as medium access control (MAC) and network layers. In this paper, we derive the performance of the SIC technique in wireless single-hop networks. In addition, we conduct some numerical calculations based on the derived equations to investigate the effectiveness and applicability of the SIC technique.
キーワード (和) 無線ネットワーク / メディアアクセス制御 / 逐次干渉除去 / / / / /  
(英) Wireless networks / Medium access control (MAC) / Successive interference cancellation (SIC) / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-246, pp. 453-456, 2016年3月.
資料番号 NS2015-246 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 逐次干渉除去を考慮した無線アクセス制御に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Wireless Medium Access Control with Successive Interference Cancellation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線ネットワーク / Wireless networks  
キーワード(2)(和/英) メディアアクセス制御 / Medium access control (MAC)  
キーワード(3)(和/英) 逐次干渉除去 / Successive interference cancellation (SIC)  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 萬代 雅希 / Masaki Bandai / バンダイ マサキ
第1著者 所属(和/英) 上智大学 (略称: 上智大)
Sophia University (略称: Sophia univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 13:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-246 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.453-456 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会