電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 10:40
無線センサネットワークの受信者主導型MACプロトコルにおける遅延を低減するビーコンスケジューリング手法
桝井優香里藤本章宏吉廣卓哉内尾文隆和歌山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線センサネットワークの省電力化手法の一つとして,受信ノードがビーコンにより送信ノード制御する受信者主導型MACプロトコルがある.本論文では,受信者主導型MACプロトコルにおける電波干渉を避け,データ収集の遅延を削減するビーコンスケジュールを提案する.提案手法では,収集木の深い場所に位置するノードから順にビーコンを送信してフレーム転送を促すことで,シンクノードまでの到達時間を短縮させる.さらに,受信者主導型の特性を利用し,中継ノードのビーコンのみをスケジューリングすることで,ノードが密な環境においてもデータ収集の遅延を低減できる無線センサネットワークの実現を目指す. 
(英) Receiver-initiated MAC protocols are effective protocols to establish energy-efficient wireless sensor networks. In order to im-prove the efficiency of their frame transmissions, this paper proposes scheduling method of beacon transmission which can decrease collision probabilities. The proposed method also improves data collection delay by scheduling beacon transmission in descending order of nodes’ depth on their collection trees. In addition, utilizing the characteristic of receiver-initiated MAC protocols that allows leaf nodes sending no beacon, only relay nodes schedule their beacon transmissions. This achieves suit-able schedules of beacon transmission even when sensor nodes are densely deployed.
キーワード (和) 無線センサネットワーク / 受信者主導型 / スロット割り当て / ビーコンスケジュール / CSMA/CA / / /  
(英) Wireless Sensor Networks / Receiver Initiated / Slot Assignments / Scheduling Beacon Transmissions / CSMA/CA / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-220, pp. 303-308, 2016年3月.
資料番号 NS2015-220 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線センサネットワークの受信者主導型MACプロトコルにおける遅延を低減するビーコンスケジューリング手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Scheduling beacon transmissions in receiver initiated MAC protocols for low-delay wireless sensor networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless Sensor Networks  
キーワード(2)(和/英) 受信者主導型 / Receiver Initiated  
キーワード(3)(和/英) スロット割り当て / Slot Assignments  
キーワード(4)(和/英) ビーコンスケジュール / Scheduling Beacon Transmissions  
キーワード(5)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 桝井 優香里 / Yukari Masui / マスイ ユカリ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 章宏 / Akihiro Fujimoto / フジモト アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉廣 卓哉 / Takuya Yoshihiro / ヨシヒロ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 内尾 文隆 / Fumitaka Uchio / ウチオ フミタカ
第4著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-220 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.303-308 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会