お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 15:10
遺伝的アルゴリズムによる無線送信集積回路の送信特性向上手法の検討
勇 正大鎌田隆嗣裵 正男谷 貞宏王 軍大原賢治松岡俊匡阪大MW2015-213 ICD2015-136 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2015-213 ICD2015-136
抄録 (和) QPSK変調方式を有する無線送信集積回路において, 12ビットのデジタルコードで表現される送信信号の正弦波形を遺伝的アルゴリズムにより操作することで,送信回路のアナログ部におけるI/Qミスマッチ,また,回路の非線形性による高調波成分や相互変調歪みの影響を低減させ,出力スペクトルの不要側帯波成分を低減させることができることを確認した. 
(英) In RF transmitter integrated circuit having a QPSK modulation scheme , a sine wave of the transmission signal represented by a 12-bit digital code generated through the genetic algorithm reduces the I/Q mismatch in the analog circuit of the transmitter. It was confirmed that the image component can be reduced in the output spectrum. In addition, this technique can reduce harmonic and intermodulation distortions caused by circuit non-linearity, resulting in reduction of undesired components.
キーワード (和) 遺伝的アルゴリズム / 無線送信 / RF CMOS / ミスマッチ / / / /  
(英) Genetic Algorithm / RF transmitter / RF CMOS / Mismatch / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 477, ICD2015-136, pp. 223-227, 2016年3月.
資料番号 ICD2015-136 
発行日 2016-02-24 (MW, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2015-213 ICD2015-136 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2015-213 ICD2015-136

研究会情報
研究会 ICD MW  
開催期間 2016-03-02 - 2016-03-04 
開催地(和) 広島大学 
開催地(英) Hiroshima University 
テーマ(和) マイクロ波集積回路/一般 
テーマ(英) Microwave Integrated Circuit / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2016-03-ICD-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遺伝的アルゴリズムによる無線送信集積回路の送信特性向上手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on transmission characteristics improvement of RF transmitter IC using genetic algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遺伝的アルゴリズム / Genetic Algorithm  
キーワード(2)(和/英) 無線送信 / RF transmitter  
キーワード(3)(和/英) RF CMOS / RF CMOS  
キーワード(4)(和/英) ミスマッチ / Mismatch  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 勇 正大 / Shodai Isami / イサミ ショウダイ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌田 隆嗣 / Takatsugu Kamata / カマタ タカツグ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 裵 正男 / Jungnam Bae /
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷 貞宏 / Sadahiro Tani / サダヒロ タニ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 軍 / Jun Wang /
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 大原 賢治 / Kenji Ohara /
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 俊匡 / Toshimasa Matsuoka /
第7著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-MW2015-213,IEICE-ICD2015-136 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.476(MW), no.477(ICD) 
ページ範囲 pp.223-227 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MW-2016-02-24,IEICE-ICD-2016-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会