電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-04 15:05
遅延プロファイルを用いたゆらぎ原理にもとづくSDI仮想化基盤制御手法の提案と評価
井上昴輝荒川伸一阪大)・今井悟史片桐 徹関屋元義富士通研)・村田正幸阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) SDI (Software Defined Infrastructure) 環境において通信需要とサービス需要の変動に対し仮想ネットワークに物理的な資源割り当てを行うVNE (仮想網埋め込み) 問題がある。本稿では、大規模複雑かつ不確実なSDI環境のために少ない情報量で動作するVNE手法として、制御目標の汎用性を備え、かつ、多重スライス構成に対応可能なVNE手法として、ゆらぎ原理にもとづくVNE手法を提案する。計算機シミュレーションによる評価により、提案手法における仮想網の移行回数が、既存の発見的手法と比較して、約45%削減されることを示す。 
(英) SDI (Software Defined Infrastructure) provides virtualized infrastructures to customers by slicing computing resources and network resources. One of the important problems for deploying SDI framework is to control the assignment of physical resources to a virtual network against changes of traffic demand and service demand. For this problem, VNE (Virtual Network Embedding) problem that maps a virtual network to physical resources has been addressed, but a centralized calculation was assumed. It is difficult to adopt the centralized approaches as a size of infrastructure increases and a number of VN requests increases. This is because the identification of current situation becomes more complicated. In this paper, we present a VNE method that works with a little information for the large, complicated, and uncertain SDI frameworks.
To achieve this, the proposed method applies biological ``Yuragi'' principle.
Yuragi, which is a Japanese word, represents a small perturbation to the system. Yuragi is a mechanism of adaptability of organisms and is often expressed as attractor selection model. This paper develops Yuragi-based VNE method that deals with node attribute and has a generality of a performance objective and runs in multi-slice environments. Simulation results show that the Yuragi-based method decreases VN migrations by about 45% than a heuristic method to adapt the fluctuations in resource requirements.
キーワード (和) 仮想網埋め込み / SDI / ゆらぎにもとづく仮想網制御 / SDN / NFV / 仮想ノードマッピング / 遅延プロファイル /  
(英) Virtual Network Embedding / Software Defined Infrastructure / Yuragi-based VNT control / Software Defined Networks / Network Function Virtualization / Virtual Node Mapping / Delay Profile /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 484, IN2015-148, pp. 235-240, 2016年3月.
資料番号 IN2015-148 
発行日 2016-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 遅延プロファイルを用いたゆらぎ原理にもとづくSDI仮想化基盤制御手法の提案と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Yuragi-based Approach with Delay Profile for Virtual Network Embedding in Software Defined Infrastructure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 仮想網埋め込み / Virtual Network Embedding  
キーワード(2)(和/英) SDI / Software Defined Infrastructure  
キーワード(3)(和/英) ゆらぎにもとづく仮想網制御 / Yuragi-based VNT control  
キーワード(4)(和/英) SDN / Software Defined Networks  
キーワード(5)(和/英) NFV / Network Function Virtualization  
キーワード(6)(和/英) 仮想ノードマッピング / Virtual Node Mapping  
キーワード(7)(和/英) 遅延プロファイル / Delay Profile  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 昴輝 / Koki Inoue / イノウエ コウキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒川 伸一 / Shin'ichi Arakawa / アラカワ シンイチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 悟史 / Satoshi Imai / イマイ サトシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 片桐 徹 / Toru Katagiri / カタギリ トオル
第4著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 関屋 元義 / Motoyoshi Sekiya / セキヤ モトヨシ
第5著者 所属(和/英) 株式会社富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata / ムラタ マサユキ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-04 15:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-148 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.235-240 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会