電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 11:20
光電子融合型パケットルータを用いたエンド・ツー・エンドの遅延時間保証が可能なコア網ネットワーク制御方式の検討
大内夏子西浦升人斉藤 努岩城信二構造計画研)・上野洋一郎宮保憲治東京電機大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 光ネットワーク技術を用いた高速大容量パケットルータの実現を目指し,光電子融合型パケットルータの研究開発が進められている.我々は,コア網に光電子融合型パケットルータを配備し,シンプルな制御により,エンド・ツー・エンドの遅延時間を保証できるネットワークサービスの検討を進めている.本稿では,ルータに流入するトラヒック量とルータ内遅延時間,およびパケットロス率との関係性が,シミュレーション結果に基づいて定式化できることを示す.更に,この関係式を利用して,予め定めたパケットロス率の閾値に従って経路選択を行う場合の経路探索アルゴリズムを改良した.日本国内のコア網を想定したネットワークトポロジでエンド・ツー・エンドでの遅延時間とパケットロス率の同時保証の実現性に関し,シミュレーションにより検証した結果を述べる. 
(英) Aiming at the realization of high-speed and high-capacity packet router, the development of an opt-electronic packet router has been promoted. We are investigating methodologies related to network control methods to build end-to-end delay guaranteed network services by deploying these routers in core networks by handling them in a simple control manner.
We constructed the simulation model of the behavior of the opt-electronic router. As a result of the simulation, we found out the relations among the traffic volume flowing into the routers, the forwarding delay and the packet loss rate.
In addition, we improved the route search algorithm which executes routing control according to the pre-determined threshold of packer loss rate by utilizing the above mentioned relation. In this paper, we described the evaluation results of the network simulations, using JGN-X topology as Japan core network, from the viewpoints of delay and packet loss guarantee.
キーワード (和) 遅延時間保証 / 経路制御 / 光電子融合型パケットルータ / コア網 / パケットロス率 / / /  
(英) Delay Guaranteed Network / Path Control / Opt-electronic Packet Router / Core Network / Packet Loss Rate / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-186, pp. 105-110, 2016年3月.
資料番号 NS2015-186 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光電子融合型パケットルータを用いたエンド・ツー・エンドの遅延時間保証が可能なコア網ネットワーク制御方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Core Network Control System for Delay-guaranteed Networks by making use of Hybrid Optoelectronic Routers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遅延時間保証 / Delay Guaranteed Network  
キーワード(2)(和/英) 経路制御 / Path Control  
キーワード(3)(和/英) 光電子融合型パケットルータ / Opt-electronic Packet Router  
キーワード(4)(和/英) コア網 / Core Network  
キーワード(5)(和/英) パケットロス率 / Packet Loss Rate  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大内 夏子 / Natsuko Ohuchi / オオウチ ナツコ
第1著者 所属(和/英) 株式会社構造計画研究所 (略称: 構造計画研)
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. (略称: KKE)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西浦 升人 / Masuto Nishiura / ニシウラ マスト
第2著者 所属(和/英) 株式会社構造計画研究所 (略称: 構造計画研)
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. (略称: KKE)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 努 / Tsutomu Saito / サイトウ ツトム
第3著者 所属(和/英) 株式会社構造計画研究所 (略称: 構造計画研)
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. (略称: KKE)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩城 信二 / Shinji Iwaki / イワキ シンジ
第4著者 所属(和/英) 株式会社構造計画研究所 (略称: 構造計画研)
KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. (略称: KKE)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 上野 洋一郎 / Youichiro Ueno / ウエノ ヨウイチロウ
第5著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮保 憲治 / Noriharu Miyaho /
第6著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-186 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.105-110 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会