電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 09:10
劣通信環境を考慮した蓄積搬送型エネルギー流通方式の性能評価
山村太樹巳波弘佳関西学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 災害時の迅速なライフラインの復旧,特に電力の復旧は極めて重要である.電力の途絶によって,被災地の市民生活や避難所生活,医療機関に多大な支障が生じ,経済も大きな打撃を受けるため,これまでの災害においては電力は比較的すみやかに復旧されている.しかし可能な限り,停電期間を短縮することが必要である.震災など大規模広域災害時において電力系統が断絶したとしても,住宅公共施設・マイクログリッドなど様々な場所に備えられた発電・蓄電設備は損傷を免れている可能性が高い.また,道路網も寸断はあってもすべての道路区間が通行不可能になることはない.そこで,損傷を免れた発電・蓄電設備と,電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)のような蓄電・発電機能を有する移動体を組み合わせ,配電網を使わずに電力の蓄積搬送による電力需給のマッチングを図るという蓄積搬送型エネルギー流通方式が,これまで著者らによって提案されてきた.本稿では,実際の道路ネットワークトポロジや施設配置,施設の必要電力量を考慮した,現実の環境に近いシミュレーションを行い,蓄積搬送型エネルギー流通方式の有効性を評価する. 
(英) The rapid restoration of lifeline after a disaster is important. Especially, restoration of electricity is extremely important. If electricity supply stops, a great deal of trouble occurs in the shelter life and civic life in the affected areas, leading to disease progression of victims in medical institutions. Therefore, more rapid restoration of electricity supply is required. Even if electricity supply is broken off in large-scale wide-area disaster such as earthquake, electric generation plant and storage facilities could have escaped the damage. In addition, there is no possibility that the whole of a road network is not impassable. To achieve the rapid restoration of electricity supply by using this situation, in the previous research, we proposed a store-carry-forward electricity supply method such that an electric vehicle (EV) and a plug-in hybrid vehicles (PHV) having a storage facilities deliver electricity from an electric generation plant to the points of demand such as medical institutions. The rapid restoration of electricity supply can be achieved by this method. However, immediately after a disaster, the communications infrastructure also becomes damaged. Therefore, the store-carry-forward electricity supply method should be designed based on the information and communications technology called DTN (Delay- and Disruption-Tolerant Network) to deal with more realistic situation. In this paper, we evaluate the store-carry-forward electricity supply method by realistic simulation by using actual road network topology, location of the facility and necessary amount of power at facilities.
キーワード (和) 蓄積搬送型エネルギー流通 / 蓄積搬送型通信 / 劣通信環境 / DTN / 電気自動車 / 電力供給 / /  
(英) Store-carry-forward electricity supply method / Store-carry-forward routing / Challenged network / DTN / Electric vehicle / Electricity supply / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 484, IN2015-112, pp. 25-30, 2016年3月.
資料番号 IN2015-112 
発行日 2016-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 劣通信環境を考慮した蓄積搬送型エネルギー流通方式の性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance evaluation of Store-carry-forward method for electric power supply at the time of disaster 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 蓄積搬送型エネルギー流通 / Store-carry-forward electricity supply method  
キーワード(2)(和/英) 蓄積搬送型通信 / Store-carry-forward routing  
キーワード(3)(和/英) 劣通信環境 / Challenged network  
キーワード(4)(和/英) DTN / DTN  
キーワード(5)(和/英) 電気自動車 / Electric vehicle  
キーワード(6)(和/英) 電力供給 / Electricity supply  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山村 太樹 / Taiki Yamamura / ヤマムラ タイキ
第1著者 所属(和/英) 関西学院大学大学院 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 巳波 弘佳 / Hiroyoshi Miwa / ミワ ヒロヨシ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学大学院 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 09:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-112 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会