お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 16:20
地面付近の森林環境における伝搬損失予測の研究
山根諒平得納 樹濱崎利彦広島工大MW2015-200 ICD2015-123 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2015-200 ICD2015-123
抄録 (和) ワイヤレスセンサネットワーク(WSN)はIoTの端末サブシステムである。WSNの応用は多岐に渡り、森林でのモニタリングシステムはその1つである。近年では、森林火災や土砂崩れの早期発見が可能なことからより多くの研究が行われている。森林についての伝搬損失モデル式はいくつか提案されている。しかし、それらはセルラシステムを想定したものであるため、WSNのような地面付近での伝搬に適していない場合がある。本稿では、既存のモデル式をWSNで利用する場合の利用環境の違いに起因する問題点を明確にし、WSNの利用を想定したRSSI測定結果を基に修正したモデル式の提案を行う。 
(英) Wireless Sensor Network (WSN) is a key end point sub-system of IoT. Applications of WSN are wide variety, and an environment monitoring system in forests is one of them. In recent year, it has been desired more because early detection of forest fires and landslides may possible. Several propagation loss models for forest environment have been proposed. However, we consider that it is not suitable for near earth propagation like WSN because they are based on the cellular system. This paper discusses the problem caused by usage environment differences if existing model formulas are used for WSN, and then proposes model formula that was modified based on the RSSI measurement results that was assumed WSN.
キーワード (和) 電波伝搬 / WSN / UHF / 森林環境 / 地面付近伝搬 / / /  
(英) Radio Propagation / WSN / UHF / Forest Environment / Near Earth Propagation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 476, MW2015-200, pp. 151-156, 2016年3月.
資料番号 MW2015-200 
発行日 2016-02-24 (MW, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2015-200 ICD2015-123 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2015-200 ICD2015-123

研究会情報
研究会 ICD MW  
開催期間 2016-03-02 - 2016-03-04 
開催地(和) 広島大学 
開催地(英) Hiroshima University 
テーマ(和) マイクロ波集積回路/一般 
テーマ(英) Microwave Integrated Circuit / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2016-03-ICD-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地面付近の森林環境における伝搬損失予測の研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Propagation Loss Prediction in Near Earth Forest Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波伝搬 / Radio Propagation  
キーワード(2)(和/英) WSN / WSN  
キーワード(3)(和/英) UHF / UHF  
キーワード(4)(和/英) 森林環境 / Forest Environment  
キーワード(5)(和/英) 地面付近伝搬 / Near Earth Propagation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山根 諒平 / Ryohei Yamane / ヤマネ リョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: HIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 得納 樹 / Tatsuki Tokunou / トクノウ タツキ
第2著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: HIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱崎 利彦 / Toshihiko Hamasaki / ハマサキ トシヒコ
第3著者 所属(和/英) 広島工業大学 (略称: 広島工大)
Hiroshima Institute of Technology (略称: HIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2015-200,IEICE-ICD2015-123 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.476(MW), no.477(ICD) 
ページ範囲 pp.151-156 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2016-02-24,IEICE-ICD-2016-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会