電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 10:40
N-gramを用いるパケット解析に基づく高速なアプリケーション同定
原 雅貴韮澤慎之介工学院大)・中尾彰宏東大)・小口正人お茶の水女子大)・山本 周東大)・山口実靖工学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 災害時には膨大なトラフィックが発生し,すべてのデータを短い時間で転送することが困難となる.よって,重要なアプリケーションのパケットを優先的に転送するようなトラフィック制御が求められ,そのためにはアプリケーションの同定が必要となると考えられる.アプリケーションの同定は,IPアドレスやポート番号に基づくものが最も容易で効果的であると予想できるが,IPアドレスやポート番号のみでは完全な同定はできず,DPIなどに基づくパケットの解析も重要であると考えられる.ただし,近年通信の多くが暗号化されておりペイロードの解析は困難となっている.本研究では,著名な暗号化通信であるHTTPS通信に着目し,そのパケットの解析に基づくアプリケーション同定手法を提案する.具体的には,TLSセッションの確立に使われるパケットに対しN-gramによる特徴抽出を行い,短い時間で接続先Webサイトの同定を行う手法を提案する.そして,同定精度の性能評価を行い,提案手法の有効性を示す. 
(英) Application Identification is important for controlling quality of services in extremely crowded networks, such as a network at disaster. Because the existing methods using IP addresses and port numbers cannot provide sufficient precision, improving them is an important issue. DPI (Deep Packet Inspection) is one of the promising ways for improving them. However, many of recent communications are encrypted. Thus, analyzing them is not easy. In this paper, we discuss the relation between DPI and application identification.
キーワード (和) アプリケーション同定 / DPI / N-gram / HTTPS / / / /  
(英) Application Identification / DPI / N-gram / HTTPS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-192, pp. 139-144, 2016年3月.
資料番号 NS2015-192 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) N-gramを用いるパケット解析に基づく高速なアプリケーション同定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application Identification by Packet Inspection based on N-gram 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アプリケーション同定 / Application Identification  
キーワード(2)(和/英) DPI / DPI  
キーワード(3)(和/英) N-gram / N-gram  
キーワード(4)(和/英) HTTPS / HTTPS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 雅貴 / Masaki Hara / ハラ マサキ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 韮澤 慎之介 / Shinnosuke Nirasawa / ニラサワ シンノスケ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao / ナカオ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ.Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小口 正人 / Masato Oguchi / オグチ マサト
第4著者 所属(和/英) お茶の水女子大学 (略称: お茶の水女子大)
Ochanomizu University (略称: Ochanomizu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 周 / Shu Yamamoto / ヤマモト シュウ
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ.Tokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 実靖 / Saneyasu Yamaguchi /
第6著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-192 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.139-144 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会