電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 15:00
基礎語彙に基づく言語系統樹生成のための音声記号間の重み付け
松浦佑哉山口大)・呉 靭山口短大)・松野浩嗣山口大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 言語系統を推定する手法として基礎語彙の発音変化に基づいた言語系統樹の生成が試みられている.これには,基礎語彙の音声記号である文字列間の編集距離(編集操作のコストがすべて1であるレーベンシュタイン距離)を言語間の距離とし系統樹を生成する方法が使われているが,この方法では発音の近さは全く考慮されていない.本研究では,音声記号間の編集操作のコストに対して新たに重みづけする手法を導入すべく,編集操作コストとなる重み係数の計算法について検討する. 
(英) As a method for estimating language genealogical relationship, generation of language family trees based on pronunciation change of the basic vocabulary has been attempted.This attempt uses a method of generation of family trees using edit distance between phonetic symbols of basic vocabulary string.But, this method does not consider closeness of the pronunciation.In this study, in order to propose a method for weighting assignment for the cost between phonetic symbols, we consider how to calculate the weights for using the edit cost.
キーワード (和) 言語系統樹 / 編集距離 / 距離行列法 / 基礎語彙 / φ係数 / / /  
(英) language family tree / edit distance / distance matrix method / basic vocabulary / phi coefficient / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 480, MSS2015-73, pp. 33-36, 2016年3月.
資料番号 MSS2015-73 
発行日 2016-02-25 (MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MSS  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) 海峡メッセ下関 
開催地(英) KAIKYO MESSE SHIMONOSEKI 
テーマ(和) 離散事象システム及び一般、Work In Progress、計測と自動制御学会・離散事象システム部会と併催 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2016-03-MSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 基礎語彙に基づく言語系統樹生成のための音声記号間の重み付け 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method of Weight Assignment to Phonetic Symbols for Generating Language Family Trees based on Basic Vocabulary 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 言語系統樹 / language family tree  
キーワード(2)(和/英) 編集距離 / edit distance  
キーワード(3)(和/英) 距離行列法 / distance matrix method  
キーワード(4)(和/英) 基礎語彙 / basic vocabulary  
キーワード(5)(和/英) φ係数 / phi coefficient  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 佑哉 / Yuya Matsuura / マツウラ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 呉 靭 / Ren Wu / ゴ ジン
第2著者 所属(和/英) 山口短期大学 (略称: 山口短大)
Yamaguchi Junior College (略称: Yamaguchi Junior Coll.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松野 浩嗣 / Hiroshi Matsuno / マツノ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 15:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-MSS2015-73 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.480 
ページ範囲 pp.33-36 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MSS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会