電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 09:30
SDNにおけるデータプレーン要素の拡張によるアプリケーション特化型QoS制御手法
徳永竣亮安藤翔伍中尾彰宏東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々は,Software Defined Networking(SDN)のデータプレーン要素に,QoS制御を行うネットワーク機能をソフトウェアによって拡張し,アプリケーション毎に柔軟なQoS制御を行う機構を提案している.
本研究では,新規のQoS制御手法として,WFQによる優先制御を行うアルゴリズムと,キュー容量の動的変更を行うことでパケットロスを抑えるDynamic Queue Controlのアルゴリズムを組み合わせることで,指定したデータフローに対して輻輳時のパケットロスと遅延を抑える方式を提案する.
この提案手法を,SDNにおける集中制御手法により複数のネットワークノードに適用し,協調動作をさせることで,既存手法よりも効果的にパケットロスと到着遅延を軽減するQoS制御を実現する.
本提案手法を,小規模なネットワーク上で,ユースケースの1つである動画ストリーミング配信を用いて評価を行うと,パケットの到着率は最大で60$%$向上し,パケットの到着時間も最大30秒改善されるという結果が得られる.この結果から,規模の大きいネットワークにおいても,提案手法によるQoS制御を複数のネットワークノード上で協調的に行うことで,輻輳時のパケットロスと遅延を削減可能であると考えられる. 
(英) We have proposed a mechanism for extending data plane elements in software-defined networking (SDN) to enable a network function for QoS control by per-application.
In this paper, we propose a new method for suppressing packet loss and reducing delay in network congestion by combining Weighted Fair Queueing (WFQ) and Dynamic Queue Control (DQC), our proposed algorithm for adjusting queue capacity dynamically for a given flow.
Our proposed method performs logically centralized QoS control using SDN architecture on multiple network nodes through newly defined south-bound interface (SBI).
Our evaluation shows that for a video streaming application, one of the use cases, the proposed method increases the arrival rate of packets by up to 60 percent, and reduces the latency in packet arrival by about 30 seconds on average. This result indicates that our method of extending data-plane for defining new QoS algorithms, e.g., combining WFQ and DQC and operating on multiple network nodes using SDN architecture enables efficient QoS control of a given flow for reducing packet loss and delay.
キーワード (和) SDN / NFV / WFQ / Software-Defined Data Plane / / / /  
(英) SDN / NFV / WFQ / Software-Defined Data Plane / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-173, pp. 31-36, 2016年3月.
資料番号 NS2015-173 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SDNにおけるデータプレーン要素の拡張によるアプリケーション特化型QoS制御手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application specific QoS by programable data plane element in SDN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SDN / SDN  
キーワード(2)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(3)(和/英) WFQ / WFQ  
キーワード(4)(和/英) Software-Defined Data Plane / Software-Defined Data Plane  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳永 竣亮 / Shunsuke Tokunaga / トクナガ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The university of Tokyo (略称: U-Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 翔伍 / Shogo Ando / アンドウ ショウゴ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The university of Tokyo (略称: U-Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao / ナカオ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The university of Tokyo (略称: U-Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-173 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会